スバル レヴォーグのリアフェンダーの凹みを修理

今回ご紹介するのはスバル レヴォーグの凹み修理です。スバル レヴォーグは、大変多く凹み修理のご依頼を頂いております。
今回ご紹介する修理箇所は、助手席側のリアフェンダーです。

板金塗装する程ではないけれど、気になるので、そのままにしたくない・・・。今回の凹みもそのようなサイズの凹みです。このような凹みの修理方法としてデントリペアはピッタリです。

修理の代金は14,000円です。タイヤの脱着作業などの費用が含まれています。

デントリペア用のライトで照明すると凹んでいる部分に影ができるので、凹みの状態、形、深さなどがよくわかります。黄色いテープが貼ってあるのは、位置がわかるようにするための目印です。

Before_LEVORG

レヴォーグ リアフェンダーの凹み

黄色いテープとテープの間に、凹みがありましたがちゃんとなおりました。

After_LEVORG

レヴォーグ リアフェンダーの凹み修理後

デントリペアで凹みを修理する際に、「裏から叩く」と思っておられるお客様もいらっしゃいますが、ハンマーなどで叩いたりはしません。特殊な工具で少しづつ裏から押していく方法でなおします。力加減も、どこを押すのかもペイントレス・デントリペア職人の高い技術力があってこそ見極めることができ、それができるからこそ最終的に綺麗になおるのです。

板金塗装でパテや塗料を塗りたくないヘコミの修理はデントリペア・ヨコイに是非、ご相談ください。お客様に喜んでいただけるように全力で対応させていただきます。

この度は、当店の技術をご利用いただきありがとうございました。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

このエントリーをはてなブックマークに追加