スバルインプレッサ ドアパンチの修理

今回ご紹介するのは、「典型的なドアパンチ」を修理した事例です。よくあるケースなのでデントリペアとはどのような修理方法なのかについても、あわせて紹介させていただきます。

そもそもドアパンチとは、駐車場などで車の乗降者が、ドアを開閉する際に隣の車にドアをぶつけることをいいます。すなわちドアで車にパンチするということです。こちらのお客さまのインプレッサは、納車されたばかりの新車のため、そのようなことがないように、駐車する場所にも気をつけておられたそうですが、車に戻ってくると隣の車が高級車から普通の車になっていて、ドアに凹みが出来ていました。どちらの車の方がやったかはわかりませんが、大変ショックだったとのことです。お気持ちお察しします・・・。

SUBARU impreza

スバル インプレッサ

ドアパンチされた場所は、助手席のドア。プレスライン部分のヘコミはヘコミの中にさらに深くなっているところが2箇所あり、そこから少し下の部分から長さ10cmほどの縦長の凹みがあります。写真で見るよりも実際のヘコミ範囲は広いです。板金塗装なら4~5万円ぐらいでしょうか、当店での価格は25,000円(税込、各種割引後価格)です。

では、綺麗に修復していきます。

dented press line SUBARU

インプレッサドアのヘコミBefore

ドアのヘコミ修復は・・・、窓を開けて窓ガラスとドアパネルの間にツールを差し込む方法で主に行います。

下の写真のように、窓ガラスとボディパネルの間に「ガラスを保護するパッド」を差し込み、ウエッジ2本で隙間を広げ、そこからツールを差し込んで作業します。

working for repairing

作業は窓ガラスとボディパネルの隙間から行います

差し込むツールはこちらです。最初に赤い方のツールで下側のヘコミを直します。次に青い方のツールでプレスラインのヘコミを直します。これらのツールの先端でヘコミを正確に裏から押して少しづつ元の形に戻して行きます。ヘコミの場所や状態によって的確なツールと修復h選択して使用する必要があります。

tools for dent removal

ヘコミ修理に使ったツール

ほぼ作業が完了したときの写真です。実際には、下側のヘコミの裏にビーム(ドア内にある鉄製の骨)がありましたので、ドアの内張りを外しての修復作業もしております。綺麗になおすためには手を抜けないところです。

finished the work

作業終盤の状況

ヘコミ修復後の写真です。綺麗になおりました。

repaired

ドアのヘコミ修復後

今回の修理結果もお客様にとても喜んでいただくことができました。

今回のようなヘコミは短時間で安く、しかも綺麗になおります。そしてデントリペアは、板金塗装と異なる施工方法なのでパテ、塗料を使用しません。新車のオリジナルの塗装をそのまま生かしますので、経年変化等の心配はございません。塗りたくない新車のヘコミ修理にはピッタリの修理方法です。

また、板金塗装する程ではないかな?と迷われているヘコミについても、是非ご相談ください。見積もりは無料です。どうぞ気軽にご相談、ご依頼ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加