アウディ A4のリアゲートのヘコミを修理した事例をご紹介します。

アウディA4は、セダンモデルとハッチバック モデルがありますが、こちらはハッチバックのモデルです。車格からいえばハッチバックというよりステーションワゴンといったほうがわかりやすいでしょうか。

今回のヘコミの場所は、リアゲートです。リアゲートは荷室のドアですがバックドアと呼ばれる場合もありますね。デントリペアでは、ドアに続いて修理の依頼が多い場所です。ヘコミの大きさは、4cm強くらいでしょうか。よくあるサイズ、形のへこみです。こちらのヘコミの修理代は、当店では18,000円(税込)です。

Audi A4 dented rear gate

Audi A4  リアゲートの左側にヘコミ リアゲートを半分開けて撮影

ヘコミをデントリペア用のライトで照明。ヘコミの形をよく観察します。

dent on the AUDI A4

AUDI A4  リアゲートのヘコミ (2か所の小さな丸い光はスマホカメラのフラッシュです)

内張り(内装パーツ)を取り外して、裏側からデントリペアの専用ツールで少しづつ押して元の形に戻します。余談ですが・・・・ヘコミを直すためには裏側から適切な位置を適切な力で押し戻すことを正確に繰り返す必要があり、それには理論に裏付けられた知識、そして職人としての練習(修業?)と経験が必要です。

作業の結果、このヘコミも綺麗に治すことができました。

repaired AUDI A4 rear gate

AUDI A4 リアゲート ヘコミの修理後

わりと大きめのヘコミが多いのがリアゲートのヘコミの特長です。今回のものは大きくありませんが、綺麗に直っていることがおわかりいただけると思います。輸入車 外車のヘコミを安く、早く、きれいになおせるデントリペアは、小さなヘコミには、特に有効な手段となります。早く、安く、綺麗になおすことができます。
大きなヘコミの修理事例は、こちら→ http://dent-yokoi.com/tag/ビッグデント/

また、デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。お車のオリジナルの塗装のままですから、経年変化でパテがやせたり、変色したりする心配はありません。
傷のないヘコミは板金塗装をご検討される前に、是非、デントリペアによる修理をご検討ください。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/