SUBARU レガシィのリアドアにできた小さなヘコミの修理事例のご紹介です。

スバルのレガシィは、スバルが誇る水平対向エンジンを搭載している車ですね。セダンとステーションワゴンがありますがこのお車はステーションワゴンです。

今回のヘコミはリアドアにある小さなヘコミです。小さなヘコミに対して、デントリペアはとても有効な修理手段です。いつのまにかできていた小さなヘコミ、中古車を買ってから見つけたヘコミなどの修理はたくさんご依頼いただいております。今回の大きさのヘコミなら料金は10,000円前後です。

ヘコミの場所は、2枚の黄色いテープを張ったちょうど中間付近です。

dented door of SUBARU

SUBARUレガシー助手席側ドアの後端

ヘコミにライトをあててヘコミの形や深さをわかりやすくしています。

small dent on the SUBARU's door

ドアにできた小さなヘコミ

どこからツール(専用工具)をいれるのか、どんなツールを選ぶのかもノウハウです。この辺のヘコミを修理する際はドアノブの裏側の構造物がじゃまになったりすることもあります。ヘコミの位置が1cm ほど違うだけで修理の難易度があがったり、場合によってはどうしてもツールが届かないため修理できないこともあります。
(ツールが届かない場合は、プーリング(引っ張り)という方法をご提案させていただくことがあります)

今回のケースでは標準的なツールと方法が使えました。裏側からデントリペアの専用ツールで丁寧に少しづつ押し出していき元の形状に復元しました。いかがでしょうか綺麗になおりました。

repaired SUBARU's door

ヘコミの修理完了後

小さなヘコミなら短時間で安く、しかも綺麗になおります。そして板金塗装と比較してメリットは他にもあります。パテ、塗料を使用しないので経年変化がありません。
しかしながらデントリペアは万能ではありませんので、板金塗装をお勧めさせていただく場合もあります。当店は板金塗装も取り扱っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。


ヘコミ修理は、いつも全力で対応させていただいております。奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」に是非ご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/