スバル レガシィのドアの修理事例をご紹介します。

この事例の修理箇所は、運転席側の後ろドアの上の方で、裏側に鉄板があり、少しやりにくい場所なので紹介させて頂きます。ひょっとするとデント屋さんによっては、「裏側に鉄板があるから修理できない」と言われるかもしれません。

ちなみに、今回のデントリペアのお値段は12,000円(税込、各種割引後価格)です。

SUBARU LEGACY

スバル レガシィ

具体的には、下の図のように水切りモールと呼ばれるパーツとプレスラインとの間です。この部分には裏側に鉄板があり、それが邪魔なので、窓を開けて、その隙間からデントリペアのツールを差し込んで修理するという方法が使えません。

リアドアの図

では、どうやって修理するのか?ですが、内張りと呼ばれる内装パネルを外して、裏側の鉄板に開いている穴を見つけてそこから、ツールを差し込んで直します。もし、適当な穴がない場合、構造、強度に影響がない場所に穴を開ける場合もあります。写真でのヘコミの場所は、黄色いテープを貼っている2箇所の中間付近です。少しキズがついているので、おわかりいただけると思います。上の方のテープを貼ってある場所(窓の幅と同じ細長いパーツ)が水切りモールです。

dent on the rear door

ヘコミの場所は、黄色いテープを貼っている2箇所の中間付近

ライトで照明すると陰影ができてヘコミがよく見えるようになります。

Legacy_door_before

ヘコミをライトで照明すると陰影でヘコミがわかりやすくなります

内張りを取り外して確認した結果、今回は、裏側の鉄板にちょうど良い穴がありましたので、そちらからツールを差し込んで直しました。

door is repaired

ヘコミ修理後(1)

dent has been removed

ヘコミ修理後(2)

今回は、ヘコミにアクセスするための適当な穴がありましたので、そこから修理しましたが、ない場合には、さらに分解したり、構造、強度に影響がない場所に穴を開けて、そこから作業する場合もあります。もちろん、穴はキャップで塞ぎますし、内張りなどで完全に見えなくなるので問題はありません。どこに、どんな道具で、どのような穴を開けるのか?は、ノウハウということになります。

今回も綺麗に修理できましたので、お客様にお喜びいただくことができました。

他店で断られたヘコミも是非ご相談ください。見積もりは無料です。難しいヘコミの場合、実際に作業してみないと修復可否はわかりませんが、作業してみて修理ができなかった場合、もちろん料金はいただきません。

どうぞ気軽にご相談、ご依頼ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/