日産クリッパーのリアフェンダーにできた凹凸を修復

今回ご紹介するのは日産クリッパーバンの右リアフェンダーのヘコミ修理です。ヘコミだけでなく凸になっている部分もあります。実は、オーナーさんがご自分で直せるかなと思って裏側から叩いてみたそうです。

右リアのタイヤハウスの上に凹凸

右リアのタイヤハウスの上に凹凸

ハンマーを布で包んで叩いたそうですが、裏側から正確にヘコミの位置を叩くのは難しかったそうです。

内張りを外して確認したところご覧のように黒い制振用の塗料が塗ってあります。これだとどこがヘコミの真裏なのかわかりにくいですよね。

日産クリッパー リアフェンダー裏側

オーナーさんが裏側から叩いたそうです。黒い防振材が塗ってあります

裏側から見てどこを叩くのかも難しいですが、力加減も難しいものです。オーナーさんが叩いたところは凸状態になっています。

板金屋さんとは異なり、デントリペア屋が作業する場合、ハンマーで裏側から叩くことは非常にまれなことです。しかもその作業のみで凹みがなおることはありません。(今回も裏側からハンマーで叩く作業はありませんでした)

また、修復作業中は裏側はほとんど見ません。直したい側・・・すなわち表側の変化を見ながら作業しています。裏側の形状や状態をまったく見られない場合も多く、ツールに伝わる感触だけで裏になにがあるのかを確認して作業することも多いのです。

 

凹凸の修復前

凹凸の修復前 凹んでいる部分と飛び出して凸になっている部分があります

高くなって凸になっている部分は、ポンチと木槌を使って正確に少しづつ叩いて元の状態に戻し、凹んでいる部分はデントリペアの専用ツールを使って裏側から少しづつ正確に押し戻していきます。

ヘコミと凸の修復後

ヘコミと凸の修復後

修復した状態が、よりわかりやすい写真も掲載しておきます。

凹凸の修理後

日産クリッパーのリアフェンダーの凹凸の修理後

ネット通販で様々なヘコミ修理用ツールが売られていますが、特定のサイズ、形状のヘコミしか綺麗になおせないツールや、プロと同様の技術経験を必要とするツールもあります。ご自分で適切な道具を選んで、自分で直す・・・ということは非常に難しいものなのでヘコミ修理は是非’デントリペアのプロ’におまかせください。

また、’デントリペアで本当になおるのかな?’と迷われているヘコミについても、是非ご相談ください。大阪、奈良、京都、三重県西部なら出張見積もりは無料です。どうぞ気軽にご相談、ご依頼ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加