板金塗装したくない新車のヘコミ修理

今回ご紹介するのは、納車から約1ヶ月の新車ホンダ フィットのドアのヘコミ修理事例のご紹介です。

小さくて、あまり目立たないヘコミなので、ディーラー様で「板金塗装するしかないが、目立たないヘコミなので気にしないようにしては・・・」と提案されたそうです。

でも、このようなケースでこそデントリペアをお薦めしていただきたかったです。今回は、お客様ご自身でネットを検索して’デントリペア’の存在を知り、当店を見つけてくださいました。

Honda_FIT_LeftFront_door

ホンダ フィット助手席ドアのヘコミ

助手席ドアにヘコミがあるのですが、どうやらドアパンチのようです。オーナー様は、洗車のたびに気になって仕方がないとのことでした。

確かにヘコミとしては浅いのですが、黒色のきれいなお車ですから、周りの景色が映り込んだときに、ヘコミが気になってしまいます。

Honda_FIT_Before

ホンダフィットの助手席ドアのヘコミ

デントリペア用のライトで照明すると、黄色いマスキングテープの中間にあるヘコミがより見やすくなります。

Honda_FIT_After

ホンダフィットの助手席ドアのヘコミ修理後

気になるとおっしゃっていたヘコミは準備含めても短時間で修理でき、新車時の状態に戻りました。

費用は12,000円+消費税(割引前価格)です。板金塗装よりかなりお安いです。

もう一箇所、ドア端の方にあるヘコミは・・・別の時点でできたもの(生産完了のときからあったかも・・・)と思われます。今回は、お客様からご依頼があったヘコミのみの修理となりました。こちらのヘコミはプーリングという修理方法を使う必要があり、難しい場所のヘコミですが、ご依頼いただいた際には、全力で対応させていただきます。

板金塗装したくない新車のヘコミ修理にこそ、デントリペアがお役に立ちます。

この度は、当店のペイントレス・デントリペア技術をご利用いただきありがとうございました。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料です。気軽にご相談ください。
プレスライン上のヘコミはもちろん、大きなヘコミでも対応します。他店で断られたヘコミもご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

ドアパンチによるヘコミ修理事例 スズキ アルト

駐車して車を降りたり乗ったりする際に、開いたドアを別の車にぶつけること、ぶつけられることをドアパンチとも言います。

今回のヘコミもドアパンチによるものかもしれません。お車はスズキ アルトです。

DBA-HA36S

スズキ アルト DBA-HA36S

左前ドアと左後ドアにヘコミがあります。一つ目のヘコミです。4枚テープを張ってある場所の中心に凹みがあります。

ドア上方から見た写真

左前ドアのヘコミを上方から見た写真

二つ目のヘコミです。こちらのほうが大きいです。

左後ろドアのヘコミを上方から見た写真

左後ろドアのヘコミを上方から見た写真

両方のヘコミともLEDライトで照らしています。なぜLEDで照らすのか?ですが、LEDライトで照らすと影がはっきり出るからです。影がはっきり出で塗装表面の凹凸の状態がわかりやすくなります。そして、ヘコミの形状もよくわかり、どこからなおしていくべきか判断できます。さらに、裏側からツールで押したときに、「今、ツールの先端がどこを押しているか?」ということもわかりやすくなります。いろいろな意味があってライトを使って作業するのです。

後ろドアの修理時の光景

後ろドアの修理時の光景

さて、修理後ですが・・・、まずは、左前ドアの小さなヘコミの修理結果から

後方から見た写真 修理後

左前ドア 後方から見た写真 修理後

左後ろドアのヘコミ修理後の状態です。両方共、ヘコミは綺麗になくなりました。

アルト 左後ろドア 修理後

左後ろドアをライト無しで撮影したものです。

ライトなしでの修理後の状態

ライトなしでの修理後の状態

今回のようなヘコミは短時間で安く、しかも綺麗になおります。そしてデントリペアは、板金塗装と異なる施工方法なのでパテ、塗料を使用しません。新車のオリジナルの塗装をそのまま生かしますので、経年変化等の心配はございません。塗りたくない新車のヘコミ修理にはピッタリの修理方法です。

また、’デントリペアで本当になおるのかな?’と迷われているヘコミについても、是非ご相談ください。大阪、奈良、京都、三重県西部なら出張見積もりは無料です。どうぞ気軽にご相談、ご依頼ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

スバルインプレッサ ドアパンチの修理

今回ご紹介するのは、「典型的なドアパンチ」を修理した事例です。よくあるケースなのでデントリペアとはどのような修理方法なのかについても、あわせて紹介させていただきます。

そもそもドアパンチとは、駐車場などで車の乗降者が、ドアを開閉する際に隣の車にドアをぶつけることをいいます。すなわちドアで車にパンチするということです。こちらのお客さまのインプレッサは、納車されたばかりの新車のため、そのようなことがないように、駐車する場所にも気をつけておられたそうですが、車に戻ってくると隣の車が高級車から普通の車になっていて、ドアに凹みが出来ていました。どちらの車の方がやったかはわかりませんが、大変ショックだったとのことです。お気持ちお察しします・・・。

SUBARU impreza

スバル インプレッサ

ドアパンチされた場所は、助手席のドア。プレスライン部分のヘコミはヘコミの中にさらに深くなっているところが2箇所あり、そこから少し下の部分から長さ10cmほどの縦長の凹みがあります。写真で見るよりも実際のヘコミ範囲は広いです。板金塗装なら4~5万円ぐらいでしょうか、当店での価格は25,000円(税込、各種割引後価格)です。

では、綺麗に修復していきます。

dented press line SUBARU

インプレッサドアのヘコミBefore

ドアのヘコミ修復は・・・、窓を開けて窓ガラスとドアパネルの間にツールを差し込む方法で主に行います。

下の写真のように、窓ガラスとボディパネルの間に「ガラスを保護するパッド」を差し込み、ウエッジ2本で隙間を広げ、そこからツールを差し込んで作業します。

working for repairing

作業は窓ガラスとボディパネルの隙間から行います

差し込むツールはこちらです。最初に赤い方のツールで下側のヘコミを直します。次に青い方のツールでプレスラインのヘコミを直します。これらのツールの先端でヘコミを正確に裏から押して少しづつ元の形に戻して行きます。ヘコミの場所や状態によって的確なツールと修復h選択して使用する必要があります。

tools for dent removal

ヘコミ修理に使ったツール

ほぼ作業が完了したときの写真です。実際には、下側のヘコミの裏にビーム(ドア内にある鉄製の骨)がありましたので、ドアの内張りを外しての修復作業もしております。綺麗になおすためには手を抜けないところです。

finished the work

作業終盤の状況

ヘコミ修復後の写真です。綺麗になおりました。

repaired

ドアのヘコミ修復後

今回の修理結果もお客様にとても喜んでいただくことができました。

今回のようなヘコミは短時間で安く、しかも綺麗になおります。そしてデントリペアは、板金塗装と異なる施工方法なのでパテ、塗料を使用しません。新車のオリジナルの塗装をそのまま生かしますので、経年変化等の心配はございません。塗りたくない新車のヘコミ修理にはピッタリの修理方法です。

また、板金塗装する程ではないかな?と迷われているヘコミについても、是非ご相談ください。見積もりは無料です。どうぞ気軽にご相談、ご依頼ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

 

 

日産 ノート ドアのヘコミをデントリペアで修理

日産 ノート のドアにできたヘコミの修理事例をご紹介します。

このノートは、NISMO仕様(ノート NISMO)なので外観もエンジンも特別です。サイドステップの赤いラインもかっこいいですね( ^_^)
ヘコミの場所は助手席のドアです。黄色いテープとテープの間にヘコミがあります。このようにデントリペア専用のライトで照明してヘコミの状態を確認しやすくして作業します。でも、この写真ではヘコミがわかりにくいですね。

dented NISSAN_NOTE

日産ノートのドアにできたヘコミの修理

もっと、ヘコミの形状がわかりやすい角度からの写真です。ヘコミができた原因は、形状から判断すると「ドアパンチ」と思われます。ドアパンチは、デントリペアで早く、安く、綺麗になおすことができます。ちなみに、こちらのヘコミは、ちょっと大きめなので各種割引適用後の価格18000円(税込)です。

dented door of NISSAN NOTE

ドアのヘコミを近くで撮影(ライトで照らしてヘコミをわかりやすくしています)

プレスライン付近も凹んでいます。近づいて撮影した写真でおわかりいただけると思います。

dented door closeup

ノートのドアのヘコミの形状

ヘコミの修理は、窓を開けてガラスとドアパネルの隙間からデントリペアの専用ツールを差し込むパターンで行いました。ツールで裏側から少しづつ押して元の形に戻し、プレスライン付近も綺麗になおしました。

removed the dent from NISSAN Note

日産ノートのドアのヘコミの修理後

小さなヘコミなら短時間で安く、しかも綺麗になおります。そして板金塗装と異なる施工方法なのでパテ、塗料を使用しないため経年変化の懸念がありません。

小さなヘコミこそ、デントリペアが有効な手段といえます。でも、デントリペアは万能ではありません。板金塗装のいいところと、デントリペアのいいところ、両方わかっていますので、奈良、京都、大阪で車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。お客様にベストな方法をご提案させていただきます。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理します。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」可能。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能です。
☆店舗での修理時、代車は無料
☆各種割引実施中です。


社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

日産ステージア ドアパンチによるヘコミを修理

日産ステージアのドアにできた縦筋状のヘコミの修理についてのご紹介です。

ステージアは、日産のステーションワゴンです。内装もエンジンも非常にクォリティが高く、高級ステーションワゴンというカテゴリーの車ですね。残念ながらステージアは生産終了していて、この名前はもう受け継がれていないようですね・・・

STAGEA

日産M35ステージアがヘコミ修理のために入庫

今回のヘコミは、右側のリアドアの前端に近い部分にあります。写真で赤丸で囲った箇所です。

dented door of STAGEA

ステージアのドア 赤丸印の箇所がへこんでいます

ライトをあてるとヘコミの状態がわかりやすくなります。縦筋状のヘコミです。おそらく他の車のドアがあたってできたものでしょう。いわゆる「ドアパンチ」によるヘコミと思われます。

crease dented door of STAGEA

ドアに別のドアが当たってできた縦筋のヘコミ

少しライトを当てる角度を変えてみると上のほうのヘコミは、下の縦筋と比較すると少し幅があるのがお分かりいただけるでしょうか。

STAGEA dented door with lighting

ステージアのドアのヘコミ

 

さらにライトを傾けて斜め上から同じヘコミを見ると短い筋状のヘコミがあることがわかります。つまり縦筋状のヘコミの中に、さらに深くて鋭い、短めのヘコミがあり、これは(たぶん)ドアの先端があたった部分だと思われます。この形状のヘコミは、単純な縦筋のヘコミより修理に時間がかかります。

dent from another angle lighting

縦だけでなく斜めのヘコミも重なっています

 

修理完了後の写真です。短い斜めのヘコミも縦筋のヘコミもなくなっています。

STAGEA repaired door

ステージアのドアのヘコミ修理後

STAGEA repaired door

ステージアのドアのヘコミ修復後

今回の修理結果もお客様に大変喜んでいただくことができました。デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。お車のオリジナルの塗装のままですから、経年劣化でパテがやせたり、変色したりする心配はありません。
傷のないヘコミは板金塗装をご検討される前に、是非、デントリペアによる修理をご検討ください。

今回もデントリペア・ヨコイを選んでいただき誠にありがとうございました。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

トヨタ ヴィッツNSP130の左リアドアの縦長のヘコミ

今回ご紹介するのは縦長のヘコミ・・・ドアパンチ(他の車のドアがあたること)によってできたと思われるヘコミの修理事例です。

車は、トヨタ ヴィッツ(NSP130)です。

ヴィッツは、トヨタのコンパクトカーですね。いまは、ハイブリッドのアクア(AQUA)のほうが人気がありますが、ヴィッツの人気は根強いものがあります。私の周りにもヴィッツオーナーは多いです。このNSP130は2010年5月に登場した形式のモデルですが2014年4月にマイナーチェンジして顔つきが少し変わりました。また、時間がたちましたので、もうすぐフルモデルチェンジでしょうか・・・・

今回は、このヴィッツの左側(助手席側)のリアドアにできた縦筋のヘコミ(英語ではcrease=折れ目、しわと呼びます)をデントリペアの技術を使って修理します。

ヘコミの状態をよく確認したのち、ドアの内張(内装側)を取り外して突起になっている原因を確認します。
ビーム(ドアパネルの裏にある鉄の骨です)の端のほうの形状(突起の真裏)が角のある形になっており、ドアに衝撃が伝わった際に、その角がドアパネルの裏側にあたって凸状態になってしまったようです。鋭い形の飛び出しになっている理由が確認できました。まずは、この飛び出した部分とその周辺から修復していきます。

VITZ dented door with sharp high spot

トヨタ ヴィッツのドアにできた縦筋のヘコミ

飛び出した部分の修復に一番時間がかかりました。また、縦筋の方は上下2本のビームが邪魔だったため、デントリペアの専用工具も数種類使わないと修理できませんでした。時間はかかりましたが、なんとか修理を終えました。上の写真では縦筋のヘコミの中央に傷がありますが、磨けばほとんど見えなくなりました

VITZ repaired door

トヨタヴィッツのドアの縦筋のヘコミ修理後

ヘコミがわからなくなったとお客様にお喜びいただくことができました。

デントリペアは、板金塗装で修復する場合に比べ価格でもメリットがありますが、デントリペアは塗料もパテも塗らないので経年劣化の心配がありません。時間がかかる作業の場合には、作業終了までの間、代車を無料でお貸出ししております。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りの場合は、是非「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/

凹み修理 レクサスIS300hリアドアへの強烈なドアパンチ

レクサスなどの高級車の「デントリペア」のご依頼は大変多いです。

先日の強風の日、買い物して駐車場に戻ったらドアに写真の通りの大きな縦筋のヘコミがあったそうです。写真では見えにくい部分も含めると長さ40cmのヘコミになっています。さらに、衝撃で飛び出して凸になっている部分もあります。

IMG_20160418_194142_1-600x1068

場所は左のリアドアです。このように照明をあてて表面やヘコミの状態をわかりやすくして作業をします。

IMG_20160418_194107-600x1068

少し時間はかかりましたが、綺麗になおりました。

IMG_20160420_192708_crop_467x467

少し傷もあったのですが、最後の仕上げで磨いて綺麗にキズを消しました。

「デントリペア」でなおらないケースもありますが、キズがないヘコミ、薄い傷のヘコミは、板金修理に出す前に「デントリペア」での修復をご検討ください。「デントリペア」なら変色やパテ痩せなどによる経年劣化の心配がありません。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理します。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」可能。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能です。
☆店舗での修理時、代車は無料
☆各種割引実施中です。

続きを読む