板金塗装したくない新車のヘコミ修理

今回ご紹介するのは、納車から約1ヶ月の新車ホンダ フィットのドアのヘコミ修理事例のご紹介です。

小さくて、あまり目立たないヘコミなので、ディーラー様で「板金塗装するしかないが、目立たないヘコミなので気にしないようにしては・・・」と提案されたそうです。

でも、このようなケースでこそデントリペアをお薦めしていただきたかったです。今回は、お客様ご自身でネットを検索して’デントリペア’の存在を知り、当店を見つけてくださいました。

Honda_FIT_LeftFront_door

ホンダ フィット助手席ドアのヘコミ

助手席ドアにヘコミがあるのですが、どうやらドアパンチのようです。オーナー様は、洗車のたびに気になって仕方がないとのことでした。

確かにヘコミとしては浅いのですが、黒色のきれいなお車ですから、周りの景色が映り込んだときに、ヘコミが気になってしまいます。

Honda_FIT_Before

ホンダフィットの助手席ドアのヘコミ

デントリペア用のライトで照明すると、黄色いマスキングテープの中間にあるヘコミがより見やすくなります。

Honda_FIT_After

ホンダフィットの助手席ドアのヘコミ修理後

気になるとおっしゃっていたヘコミは準備含めても短時間で修理でき、新車時の状態に戻りました。

費用は12,000円+消費税(割引前価格)です。板金塗装よりかなりお安いです。

もう一箇所、ドア端の方にあるヘコミは・・・別の時点でできたもの(生産完了のときからあったかも・・・)と思われます。今回は、お客様からご依頼があったヘコミのみの修理となりました。こちらのヘコミはプーリングという修理方法を使う必要があり、難しい場所のヘコミですが、ご依頼いただいた際には、全力で対応させていただきます。

板金塗装したくない新車のヘコミ修理にこそ、デントリペアがお役に立ちます。

この度は、当店のペイントレス・デントリペア技術をご利用いただきありがとうございました。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料です。気軽にご相談ください。
プレスライン上のヘコミはもちろん、大きなヘコミでも対応します。他店で断られたヘコミもご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

ホンダ フリードプラス フロントフェンダーのヘコミ修理

今回ご紹介するのも小さなヘコミです。

ホンダ フリードプラスのフロント’ドア’にできた’ヘコミ’の修理事例です。

Hisilicon K3

ヘコミの場所は、右ドア ミラーの下付近です。

ヘコミの位置は、ミラーよりは前方でドアのプレスラインのすぐ下付近ということで、プレスラインへの影響はほとんどないので窓から修復可能なラッキーなヘコミかと思ったのですが、実際には簡単ではありませんでした。

dent on the honda freed plus

ホンダ フリードプラスのドアにできたヘコミ

ヘコミを完全になおすためには、しっかり、力を伝える必要があったので、ドアの内張りを外して、グロメット(黒くて丸い直径2cmくらいのキャップ)の穴から専用ツールを差し込んでアクセスしました。

ツールを差し込んだ穴

ツールを差し込んだ穴は、黒い直径2cmのキャップを外した穴

デントリペアの専用ツールというのは、簡単に言うと、いろいろな形をした鉄の棒です(^^;

その鉄の棒の中から最適な形のものを選んで、梃子の力も使いながらヘコミを裏から押して少しづつ元の形に修復していくのです。で、修復結果です。ヘコミのあったときはヘコミ部分に深い影がありましたが、完全になくなっています。

ヘコミ修復後1

ヘコミ修復後(1)

デントリペア用の照明の角度を変えて、プレスラインの状態をわかりやすくしたものです。テープが2枚貼ってありますが、その間のプレスラインのすぐ下付近に小さいけど深めのヘコミがありました。綺麗になおっていますよ。

ヘコミ修復後(2)光を当てる角度を変えて

今回も綺麗に修理できましたので、お客様にお喜びいただくことができました。

パテも塗料も塗らずになおす’デントリペア’は、’板金塗装’で塗りたくない車のヘコミ修理にとても適しています。
車の傷のないヘコミ修理は、デントリペア・ヨコイに是非、ご相談ください。お客様に喜んでいただけるように全力で対応させていただきます。

この度は、当店のペイントレス・デントリペア技術をご利用いただきありがとうございました。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

ホンダ ジェイド 屋根に人が乗ってできたヘコミを修理

以前、棒で何度も叩かれたような屋根を’修理’したことがありますが、今回は屋根に人が乗ってできたヘコミの修理ケースです。

ホンダ ジェイドは、ステーションワゴンなので、ルーフレールをつけて、長いもの、大きいものを載せて移動することもありますよね。今回は、その積み荷を固定するためにどうしても屋根に乗るしかなかったので、乗って荷物を固定したためにできたヘコミだそうです。ヘコミの数も3つ4つではなく、大小、薄いヘコミあわせると10個以上。

なかには、靴に砂利がついていたのか靴底のデザインによるものなのか、ヘコミの中にさらに、直径5mm以下のヘコミが多数あるものもありました。

dented roof of honda

黄色いテープを貼っているところにヘコミがあります

助手席側の屋根のヘコミ(修理する前)です。

助手席側の屋根のヘコミ

助手席後ろ側の屋根のヘコミ(修理する前)です。

助手席後ろ側の屋根のヘコミ(修理前)

運転席側の屋根のヘコミです。

運転席側の屋根のヘコミ(修理前)

今回の’ヘコミ修理’作業は、主に滋賀県で活躍されている「デントリペアTANI」の谷さんとの共同作業です。ヘコミ修理する事前の作業として、天井を外します。そのためには、ピラー部分の内張りも外します。シートベルトを留めているボルトやら、ライトユニットなども外します。

施工の様子

滋賀県の「デントリペアTANI」の谷さん 今回は二人で作業

‘ヘコミ修理’の結果です。仕上げとして、きちんとポリッシャーとコンパウンドで磨きました。

After_leftside

助手席側の屋根の修復後

 

After_rightside2

運転席側の屋根のヘコミ修復後

青いフィルムは、作業時にルーフの肩に傷がついたりしないようにするためのものです。外した天井やルームライト類、内張りを戻した後に、この青いフィルムも外します。

今回の施工結果も「無理かもしれないと思っていたけど、こんなに綺麗になおるとは・・・」と、お客様に喜んでいただくことができました。「デントリペアで本当になおるのかな?」と迷われているヘコミについても、板金塗装の前に是非ご相談ください。

大阪、奈良、京都、三重県西部なら出張見積もりは無料です。どうぞ気軽にご相談、ご依頼ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

他のデント屋さんから出来ないと言われたフリードのヘコミの修理

お客様が他のデント屋さんから、「出来ない」と言われたヘコミの修理事例をご紹介します。

当初のご依頼はスライドドアのヘコミ修理のみでしたが、いまからご紹介するヘコミも「もしなおるなら」と2箇所同時にご依頼頂きました。スライドドアのヘコミ修理見積は1.2万円ですが、こちらのヘコミは少々厄介ですので、あわせて3.2万円(税込、各種割引後価格)です。

HONDA_FREED

ホンダフリードのヘコミ修理事例

施工場所は、Dピラーと呼ばれるリアのハッチ(リアゲート)に近い場所のパネルです。

dented panel

施工場所はDピラーです

天井の蛍光灯が写り込んでいますが、本来は窓ガラスに写っているとおり、平行の2本の蛍光灯が映るべきなのですがご覧の通り、ヘコミがあるのでグニョグニョしていて2本以上に見えます。

D_pillar_before

施工前のフリードのDピラー

LEDで照明した状態です。陰影がつくのでヘコミの形がわかりやすいと思います。ヘコミのあった位置がわかるようにヘコミの両サイドに黄色いテープを貼っています。

D_pillar_before_Lighting

修理前のホンダフリードのDピラー LEDで照明

この場所のヘコミはなおらない・・・そんなことはありません。パネルを見ながら手(ツール)がとどく範囲なら直せる可能性は高いです。裏側にある室内側のパネル(内張りといいます)を外して裏側からツールを差し込み作業します。

このヘコミは横長で広範囲ですから、作業する際には、リアゲート側からツールを差し込んで直したり、スライドドア側の窓を開けて、そこから手を伸ばしてツールを差し込んだり、ヘコミの位置によって、あの手この手で手間をかけてなおします。

removed trim panel

フリードの内張りを外してヘコミの裏側をツールで押せるようにします

蛍光灯が写っている上側にうっすらと写っている通り、ヘコミの部分にはキズがありました。これは磨いてきれいに消しました。

D_pillars_scratch

ヘコミの部分にはキズがありますが磨いて消します

ヘコミ修復後です。ライトで照らしていますが、もうヘコミの影はありません。

D_pillar_After2

ヘコミの修復後

同じく、別方向からライトで照明して撮影したものです。

D_Pillar_After2

Dピラーのヘコミ修復後 別方向から照明して撮影

もちろん、同時にご依頼のあったスライドドアのヘコミもきれいに修理完了しました。

Dピラーのヘコミ修理は大変ですが、「諦めていたヘコミが綺麗になおった」と、お客様にとても喜んでいただくことができ、当方も頑張った甲斐がありました。

他店で断られたヘコミも是非ご相談ください。もちろん、見積もりは無料です。難しいヘコミの場合、実際に作業してみないと修復可否はわかりません。作業してみて修理ができなかった場合、もちろん料金はいただきません。

どうぞ気軽にご相談、ご依頼ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

ホンダ ライフDIVAのリアゲートのヘコミ修理

ホンダ ライフDIVAのリアゲートハッチにできたヘコミを修理します。板金塗装でも見積もりをおとりになったそうですが、予算があわなかったそうです。

ホンダ ライフDIVAは、すでに生産が終了しているお車ですね。

Honda Life Diva

ライフDIVA

リアゲートのへこみです。黄色いテープをヘコミの上下に貼って目印にしています。映っている景色がテープとテープの間の部分は歪んでいますね。

Life dentrepair before1

ライフのリアゲート凹み修理前

ヘコミにライトをあてています。凹みの状態がわかりやすくなります。リアゲートの裏側の内張りを外して、ツールで裏側から凹みをすこしづつ押し上げていきます。実際の作業では別のライトを使いました。
板金塗装の場合は「DIVA」のエンブレムを外して作業しますが、これぐらい離れていれば、エンブレムは外さずに作業できます。板金塗装では、エンブレムを外す分だけ工賃または新品のエンブレム代が必要になったりすることもあります。

Dent on Honda Life rear gate with lighting

ライフのリアゲートのヘコミ

ツールを裏側から差し入れ、テコの力を使ってツールの先端で少しづつ、押し戻していきます。
押すだけならだれでもできそう?いいえ、裏側から押すので表側から見て、自分が現在どこを押しているのかわかるためには、技術と経験が必要です。また、どこから、どの順番で、どのくらいの力で押し戻して直していくのかにもノウハウがあります。知識と経験なしで、市販の道具で直そうとすると、なおるどころか状況を酷くしてしまうことになりますので、ご自分でやるのはおすすめできません。是非、プロにお任せください。

下はデントリペア完了後の写真です。

Honda Life's dent removal

ライフのヘコミ修理完了後

以上の通り、デントリペアでヘコミがなくなりました。板金塗装の場合、経年劣化する事がありますが、デントリペアの場合、その懸念がありません。そのため愛車の価値が落ちる心配もありません。

費用も板金塗装の半額以下。また、作業も短時間でおわります。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。

奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/

N-BOX Custom 助手席ドアのヘコミ修理

N-BOXカスタムの助手席ドアのヘコミ修復事例をご紹介させていただきます。

N-BOXカスタムはホンダのNシリーズ3兄弟の1車種ですね。ホンダの軽自動車人気の立役者ですが、それも納得の外装、内装の作りの良さです。

N BOX Custom
N BOXカスタムのヘコミを修理

ヘコミの場所は、助手席側ドアです。

N-BOX Customの修理
N-BOXカスタムの修理の様子

デントリペア専用ライトでヘコミを照明するとヘコミの大きさ、形状がよくわかります。このヘコミも原因はドアパンチのようです。通常、デントリペアによる修復作業はこのように専用ライトで照明しながら行います。

N-BOX dented door
N-BOXの助手席ドアのヘコミ

確認するとヘコミの位置は、ちょうどビーム(ドア内にある補強)の上でしたので、きれいになおすためにドアの内張りを外して作業しました。ちょっとしたひと手間で仕上げが変わることもあります。そのあと、デントリペアの専用ツールを使って裏側から少しづつ押し出して元の形に戻しました。

repaired door of N-BOX

N-BOXのドアのヘコミの修理後です

ヘコミはきれいになくなりましたが、周辺には相手のドアで擦ったと思われる傷がありましたので、デントリペア作業完了後にポリッシャーとコンパウンドで傷取りの磨きもさせていただき、きれいに仕上げました。当店は手間を惜しまず完璧を目指して作業させていただきます。

小さなヘコミには、デントリペアは特に有効な手段となります。早く、安く、綺麗になおすことができます。

また、デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。車のオリジナルの塗装のままですから、経年変化でパテがやせたり、変色したりする心配もありません。小さなヘコミは、放置せずに是非、デントリペアによる修理をご検討ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/