AUDI A3ドアの少し複雑なヘコミをなおしました

動いているときに、ものに当たって、凹凸ができたドアのヘコミの修理事例をご紹介します。

今回のお車はアウディ A3です。

ドアに凹凸があるのが写真でおわかりいただけますでしょうか?駐車場にあった車止めのポールにあたったそうですが、幸い傷は目立たないのでデントリペアで綺麗に直せそうです。凹凸があるので少しだけ面倒なのですが、当店にご依頼の多いタイプです。

A3_rear-door_Before

助手席側リアドアにできた凹凸、修復前

凹凸になるのには理由があります。この真裏(ドアの中)にビームと呼ばれる鉄製の補強材があり、ビームとドアのパネルが発泡性ゴム状の接着剤などで固定されているからです。当たったときにドアパネルを凹ませる力が、周囲に伝わるとき、この接着部分で、力が留まって逆に盛り上がってしまうのです。きちんと、手順通りにやることでしか綺麗に直せません。真裏にビームがある場所のヘコミにはプーリングとういう方法も併用してなおします。

同じく、ドアの下の方にもヘコミができていますので一緒になおします。

Before_downside

リアドアの下の方のヘコミ 修復前

リアドアにできた凹凸の修復後の写真です。

After1

助手席側リアドアにできた凹凸の修復完了後 (修復前の写真の反対側から撮影)

下の方のヘコミの修復完了後です。

After_downside

リアドアの下の方のヘコミの修復完了後

修復後のドアを見たお客様から、「ここまで綺麗になおるとは思っていなかった」と言っていただけました。

パテも塗料も塗らずになおす’デントリペア’は、’板金塗装’で塗りたくない’外車’のヘコミ修理にとても適しています。
外車のヘコミ修理は、デントリペア・ヨコイに是非、ご相談ください。ヘコミを「なかったこと」にして、お客様に喜んでいただけるように全力で対応させていただきます。

この度は、当店のペイントレス・デントリペア技術をご利用いただきありがとうございました。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/

BMW525ie ステーションワゴン ドアのヘコミをなかった事に

BMW525ie ステーションワゴン 左リアドアのヘコミの修理事例です。

BMW525ie

BMW525ieの左リアドアにヘコミがあります

左リアドアは、同乗者がなにかものをぶつけるケースもありますが、今回のお客様はご自身がチャイルドシートを取り外した際に、チャイルドシートを上から下に落とす感じで凹んだヘコミとのことでした。

Before_景色の映り込み

ヘコミの状態です。景色の映り込みでも凹んでいることがわかります

デントリペア用のライトで照明して陰影でヘコミの状態をよく観察します。傷がついていなくてよかったですね。

BMW525ie_Before

チャイルドシートによるドアのヘコミ

修復は、窓を開けてドアパネルとガラスの間にツールを差し込み、裏側から押してなおす方法で行いました。

下の写真は、ヘコミ修理後のものです。上下に貼ったテープの中間付近にヘコミがありましたが、完全になおっていることがお分かりいただけると思います。

After_1

ヘコミ修理後

ライトを遠くにして確認しながら作業したり、蛍光灯を使って確認しながら作業します。ライトの距離を遠くにして透かして見ても、ヘコミの影や違和感はありません。

After2

ライトを遠くにして確認。実際はもっと遠くにして確認したりしますが、写真に撮れないので・・・

 

ヘコミ修理後 ライトなしで景色の映り込み

ヘコミ修理後 ライトなしで景色の映り込みでの確認もします

今回も綺麗に修理できましたので、お客様にお喜びいただくことができました。

パテも塗料も塗らずになおす’デントリペア’は、’板金塗装’で塗りたくない’外車’のヘコミ修理にとても適しています。
外車のヘコミ修理は、デントリペア・ヨコイに是非、ご相談ください。ヘコミを「なかったこと」にして、お客様に喜んでいただけるように全力で対応させていただきます。

この度は、当店のペイントレス・デントリペア技術をご利用いただきありがとうございました。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

BMW X5のドアの小さなヘコミを直す

外車の’傷のないヘコミ’の修理には、’板金塗装’よりもデントリペアが適しています。
サイズ的に小さいヘコミであれば、なおのことです。査定士の方でもわからないほど、綺麗になおる可能性が非常に高いからです。

今回ご紹介するのは、BMW X5の左リアドアにできたヘコミの出張修理の事例です。

ヘコミの場所_X5

ヘコミの場所は、X5の左リアドア その前下端付近

ヘコミのサイズ自体は小さいのですが、直しにくい場所です。

Before_X5

ヘコミ修理前

下は、修理作業後の写真です。

After_X5_3

ヘコミ修理後

板金塗装とは修理方法が異なります。ヘコミを裏から叩いて直すと思われている方がいらっしゃいますが、叩いていません。

専用のツールを使って裏側から少しづつ押して元の形に戻していきます。きれいになおすために、デントリペア用のライトでヘコミを照明し、よく観察しながら、正確なポイントを適正な力で押していく必要があります。

別の写真です。作業の結果、ヘコミが綺麗になおっています。

After_X5_2

ヘコミ修理後の状態 綺麗になおっています

今回も綺麗に修理できましたので、お客様にお喜びいただくことができました。

パテも塗料も塗らずになおす’デントリペア’は、’板金塗装’で塗りたくない外車のヘコミ修理にとても適しています。
外車のヘコミ修理は、デントリペア・ヨコイに是非、ご相談ください。お客様に喜んでいただけるように全力で対応させていただきます。

この度は、当店のペイントレス・デントリペア技術をご利用いただきありがとうございました。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

アバルト595のフェンダーのヘコミをデントリペアでなおします

アバルト595のヘコミ 修理の事例をご紹介します。

アバルト595のベースになっている車は、フィアット500です。フィアット 500は、昔のとてもかわいらしい小さな3ドアハッチバック「チンクエチェント」を現代のデザインにして復活させた車といえばいいのでしょうか・・・とにかかわいくて、おしゃれなデザインのイタリア車です。

FIAT500

フィアット500

でも、このアバルトは、大きさこそコンパクトですが、「かわいい」というのとは違います。アバルトは1949年にイタリアで設立されたフィアットのチューナーです。おなじみのサソリの絵柄のエンブレムが硬派なブランドであることを象徴していますね。アバルトは、フィアットのモータースポーツ部門だったこともありますが、現在はアルファロメオ、フィアットと並ぶ独立したブランドです。また、マツダのロードスターをベースにした高級オープンカー「アバルト124スパイダー」も販売していますね。

ご紹介するヘコミは、リアフェンダーのヘコミです。オーナー様のお話では、いつの間にか・・・できていたそうです。そうですよね、たぶん、どこかの駐車場にとめているときに、他の人に物を当てられたんたんでしょうね。

矢印の先にあるのがヘコミです。直径2cm強でしょうか、これをデントリペアの技術で修理します。

dented fender of ABARTH595

アバルト595の左リアフェンダーのヘコミ

デントリペア用のライトでヘコミを照明してみますとヘコミの形状もよくわかります。

dented rear fender of ABARTH595

ヘコミをライトで照明して形状がよくわかるようにして作業します。

このヘコミのデントリペア作業は、リアタイヤを外して行います。で、いろいろ作業後、ヘコミがなおりました。

今回のケースでは、タイヤの取り外しなど関連作業があったので通常より多く時間はかかりましたが、小さなヘコミは短時間で安く、しかも綺麗になおります。そして板金塗装と異なる施工方法なのでパテ、塗料を使用しないため経年変化の懸念がありません。

小さなヘコミこそ、デントリペアが有効な手段といえます。当店は板金塗装も取り扱っておりますので、奈良、京都、大阪で車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。お客様にベストな方法をご提案させていただきます。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理します。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」可能。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能です。
☆店舗での修理時、代車は無料
☆各種割引実施中です。


社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

アウディA4のリアゲートのヘコミをデントリペアで修理

アウディ A4のリアゲートのヘコミを修理した事例をご紹介します。

アウディA4は、セダンモデルとハッチバック モデルがありますが、こちらはハッチバックのモデルです。車格からいえばハッチバックというよりステーションワゴンといったほうがわかりやすいでしょうか。

今回のヘコミの場所は、リアゲートです。リアゲートは荷室のドアですがバックドアと呼ばれる場合もありますね。デントリペアでは、ドアに続いて修理の依頼が多い場所です。ヘコミの大きさは、4cm強くらいでしょうか。よくあるサイズ、形のへこみです。こちらのヘコミの修理代は、当店では18,000円(税込)です。

Audi A4 dented rear gate

Audi A4  リアゲートの左側にヘコミ リアゲートを半分開けて撮影

ヘコミをデントリペア用のライトで照明。ヘコミの形をよく観察します。

dent on the AUDI A4

AUDI A4  リアゲートのヘコミ (2か所の小さな丸い光はスマホカメラのフラッシュです)

内張り(内装パーツ)を取り外して、裏側からデントリペアの専用ツールで少しづつ押して元の形に戻します。余談ですが・・・・ヘコミを直すためには裏側から適切な位置を適切な力で押し戻すことを正確に繰り返す必要があり、それには理論に裏付けられた知識、そして職人としての練習(修業?)と経験が必要です。

作業の結果、このヘコミも綺麗に治すことができました。

repaired AUDI A4 rear gate

AUDI A4 リアゲート ヘコミの修理後

わりと大きめのヘコミが多いのがリアゲートのヘコミの特長です。今回のものは大きくありませんが、綺麗に直っていることがおわかりいただけると思います。輸入車 外車のヘコミを安く、早く、きれいになおせるデントリペアは、小さなヘコミには、特に有効な手段となります。早く、安く、綺麗になおすことができます。
大きなヘコミの修理事例は、こちら→ http://dent-yokoi.com/tag/ビッグデント/

また、デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。お車のオリジナルの塗装のままですから、経年変化でパテがやせたり、変色したりする心配はありません。
傷のないヘコミは板金塗装をご検討される前に、是非、デントリペアによる修理をご検討ください。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

ベンツBクラス バンパーのずれも安く直します

デントリペア・ヨコイでは、バンパーもいろいろやります・・・・ということで、事例を追加させていただきます。

車は、ベンツのBクラスです。2015年にマイナーチェンジで少し顔つきが変わりましたが、こちらはマイナーチェンジ前の顔のモデルです。

バックしたときに何かにあたったため、バンパーがずれています。元の位置に戻そうとしても、きちんと嵌まらず、この状態に戻ってしまいます。
コーティングの際に、「できれば、一緒になおして」とのことでした。

今回の事例は、デントリペア・・・ではありませんので、バンパーのデントリペアの事例は、こちらをご覧ください。

dislocated bumper of BENZ

バンパーがクリップから外れて隙間が空いています

ずれたバンパーの一部を外して(状態によってはいったん全部取り外して)、中を確認します。
今回は、バンパーを止めるクリップの嵌合(かんごう)が甘くなっていました。クリップとバンパーががっちり固定できるようにするには、クリップを取り寄せて交換するのが一般的ですが、今回はクリップは破損はしていませんでしたので、形状をもとに戻して嵌合力を強くしました。どうやって形をもとに戻すのか・・・ノウハウというほどではありませんが一応非公開で。

バンパーとボディの隙間から見える部分はコンパウンドで磨いて汚れを落としてから、クリップをバンパーに、きっちり、はめ込んで(嵌め込んで)、もとに戻しました。

finished, completed location bumper

バンパーのズレの修理後

板金塗装屋さんや、自動車整備工場様にて、もちろん綺麗に直してくれますが、当店にコーティングのついでに・・・ということでしたら、できるだけ安く対応させていただきます。今回は、簡単な方法で了解いただきましたので、特に安くさせていただきました。もし、より完璧を求められるのでしたら、ディーラー様へご依頼するほうが良いと思います。

また、「ついで対応」でなく、バンパーのずれを修理する単品のご依頼でしたら、3,000円(税別)~で対応させていただきます。

今回もデントリペア・ヨコイを選んでいただき誠にありがとうございました。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

アウディA1スポーツバック リアフェンダーのヘコミ

アウディA1スポーツバック リアフェンダーのヘコミの修理です。小さくても存在感のあるデザイン・・・私も欲しい車です。
Audi A1 Sportback については、Audiのサイトをご覧ください。
「Audiの哲学とクオリティが宿るプレミアムコンパクト」

 

AUDI A1 Sportback

AUDI A1 Sportback

赤丸で囲んでいる部分に小さなヘコミがあります。小さいのですがプレスラインの上にあるヘコミです。
この場所は、デントリペアの難易度が高いので、タイヤとタイヤハウス内のカバーを取り外して、外からは見えないところに穴をあけてアクセス(デントリペアの専用ツールをヘコミの裏側へ導くための経路)を確保します。もちろん、お客様には事前にご説明し了解をいただいております。

AUDI A1 Sportback Rear fender

リアフェンダーにヘコミがあります

ライトの照明によりヘコミの状態を見やすくしています。
この後、裏側からツールで少しづつ凹みを押して、戻していきます。
プレスラインの部分は、元の形状に戻すというよりプレスラインを作り直す感じの作業です。

A dent on the fender of AUDI A1

リアフェンダーにヘコミがあります

下の写真は、デントリペア 完了後の写真です。黄色いテープが2枚貼ってありますが、その間のプレスライン上に凹みがありました。でも、もうヘコミはありません。

Dent removal with Lighting

AUDI A1 ヘコミ修理作業後

ヘコミ修理後、作業に使った穴には、さび止めを施し、グロメット(キャップのようなもの)で穴を塞ぎます。そして、フェンダー内のカバーを戻します。
カバーのおかげで、下から覗いても修理したことは、まったくわかりません。そしてタイヤを取付けます。

After2

作業終了後の写真です。目印のテープは残しています。
以上の通り、デントリペアでヘコミがなくなりました。板金塗装の場合、経年劣化する事がありますが、デントリペアの場合、その懸念がありません。そのため愛車の価値が落ちる心配もありません。

費用も板金塗装の半額以下。また、作業も短時間でおわります。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

ボルボ V60 フェンダーのヘコミ修理

ボルボV60のヘコミ修理の事例をご紹介します。
V60は、スポーツワゴンタイプのSUVといえばいいのでしょうか、かっこいいですよね。私はこの車のリアビューが特に好きです。

VOLVO V60

ボルボV60のヘコミ修理

左側のフロントフェンダーに、いつの間にかヘコミができていたそうです。写真は、ライトをあててヘコミの状態をわかりやすくしています。このサイズのヘコミの修理依頼は大変多いです。気になる小さな凹みは、板金塗装するよりもデントリペアで直すのがお勧めです。
今回のヘコミ修理の価格は、各種割引後14,000円(税込)です。

A dent on the fender of V60

ボルボV60 フェンダー凹み修理前

下の写真は、別の角度からヘコミを撮影したものです。写真ではわかりにくいのですが、少し深めのヘコミです。そして、なにか四角いものがあたったようです。

フロントフェンダーの場合、タイヤハウス側のインナー(内側のカバーです)の一部を外して、その隙間からデントリペアの専用ツールを差し込んで直します。

Another angle

V60フェンダーのヘコミ

専用ツールで裏側からゆっくり丁寧に元の形に戻していきます。鉄板を押し戻すので、技術以外にパワーも必要です。

下の写真はヘコミ修理の作業完了後です。デントリペアの場合、パテや塗料を使わないので経年変化の心配がありません。なので、特殊な色の車や、外車に特におすすめです。塗料を仕入れる必要がないので、価格メリットもあるのでデントリペアはとてもおすすめです。

Repaired V60 fender

ボルボV60フロントフェンダー修理後

完全になおっていることがおわかりいただけると思います。小さなヘコミは特に綺麗に安く早く修理できます。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。

デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。お車のオリジナルの塗装のままですから、経年劣化でパテがやせたり、変色したりする心配はありません。
傷のないヘコミは板金塗装をご検討される前に、是非、デントリペアによる修理をご検討ください。

デントリペア・ヨコイを選んでいただき誠にありがとうございました。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

輸入車のヘコミ修理 BMW 525i

BMW 525iのドアのヘコミ修理施工例です。輸入車のヘコミ修理のご依頼は大変多くいただきます。

BMW 525i

下の写真のようにドアにできたヘコミの修理は、大変ご依頼を多くいただきます。
作業は、ヘコミの状態がよく分かるように、また、塗装の表面の状態が観察しやすいようにライトをあてて行います。撮影したときに気づいて直したのですが、この写真の場合、ライトの向き(角度)がヘコミの形状にあっていません(;^ω^)
テープを貼ってあるのは、凹みのあった場所がわかるようにするための目印です。

A dent on the door of  BMW 525i

BMW 525iドアのヘコミ修理前

確実に綺麗に直すためドアの内張(内装)を外して作業します。

Going to remove the door lining

確実に綺麗に修理するためドアの内張りを外します。

BMW 525i ドアのヘコミの修理が完了しました。傷は磨けば消えるものもあるのですが、今回のものは消せませんでした。あらかじめお客様には、そのことは伝えてあります。

The dent has gone

BMW 525iのデントリペア完了

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。代車無料
☆各種割引実施中です。

FIAT500 リアフェンダーのヘコミ修理

FIAT500のリアフェンダーのヘコミの修理です。おそらく駐車場で隣のクルマにドアをあてられた「ドアパンチ」だと思われます。ライトで照らして凹みの形状や周辺を見やすくして作業します。リアのテールランプユニットを外したところにある穴から、デントリペア専用ツールを差し込んで裏側からすこしづつ押して元の形に修復しました。修復後の写真には、凹みがあった場所がわかりやすいように、テープが貼ってあります。

施工前のリアフェンダーの凹み

施工前のリアフェンダーの凹み

もう、凹んでいません

修理後です。もう、凹んでいません。

プジョー308 新車のコーティング施工

プジョー308(PEUGEOT 308)の購入をご決定された際に、予約のお電話をいただきました。
納車されたその日にご来店いただき、ガラス系のボディコーティング「ダイヤモンドメイクワンダー」を施工(3日ほどお預かりしての施工です)させていただきました。

こちらのお客様は、「洗車がしやすくなるのが、コーティングの目的」とおっしゃっていましたが、まさにガラス系ボディコーティング「ダイヤモンドメイクワンダー」は、うってつけです。日頃の簡単なメンテナンスで3年間輝きを保つことができます。

皆様も、新車のご購入の際には、是非、施工をご検討ください。新車時の施工は工賃も大変お得になっております。また、5年間輝きを保つ「ダイヤモンドメイクワンダー スペシャル」の施工も可能です。

PEUGEOT 308

PEUGEOT 308

(2015年11月第3週)