アクアのフロントフェンダーのヘコミ修理

今回ご紹介するのは、よくあるフロントフェンダーのプレスライン上のヘコミの修理事例です。

業界の人でも、デントリペアでプレスライン上のヘコミはなおせないと思っている方が、たまにいらっしゃいますが、’プレスライン’もなおせます!

このヘコミは、駐車中にぶつけられたものとのことですが、「なおしたい」、「気になるな」と思いつつも、しばらく放置していたヘコミだそうです。別事例でご紹介しているリアバンパーのヘコミの修理と同時にご依頼頂きました。

ただ、今回のヘコミは、中心に傷がありましたので、デントリペアでは傷は修理できないことを事前にご了解頂いて修理させていただきました。(傷は修理後の写真のほうが状態がよくわかると思います。)

AQUA_Fender

アクアFフェンダーのヘコミ修復前・・・専用のライトで照明することでヘコミの形がわかりやすくなっています。

下の写真は、フロントフェンダーのヘコミの修理後です。専用のライトの3本の線の真ん中の「白いライトの線」の部分にヘコミがありました。傷ができるくらい「ガツン」とあたったプレスライン上のヘコミでも(傷は消せませんが)綺麗になおせたことがおわかりいただけると思います。

また、フェンダーの端にあったヘコミもなおしています。(実はこちらのほうが難易度が高いかも)

AQUA_Fender_After

アクアのフロントフェンダーのヘコミ修理後

こちらの修理もオーナー様に、とても喜んでいただくことができました。

「新しいクルマだから塗りたくない」、「修理に出すのが面倒」、「修理が高そう」と思っているヘコミでも、傷がなければ(傷が目立たなければ)綺麗に直せますので’デントリペア’による修理を是非、当店にご相談ください。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りの場合は、是非「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

エクストレイルのフロントフェンダーの凹み修理

今回ご紹介するのはエクストレイルのフロントフェンダーにできたヘコミの修理事例です。

X-TRAIL

エクストレイル

ヘコミの場所は左フロントフェンダーです。しっかり、がっつり、プレスラインの場所が凹んでいます。

ヘコミ修理前

エクストレイル フロントフェンダーのヘコミ 修理前

ヘコミ修理は、フロントフェンダーの裏側からツールで少しづつ押し出していく方法で行います。

修復の途中で、ライトの距離を離したり、ライトの向き(場所)を変更したりして、どこからみても凹みがないように修復します。あたりまえですが・・・。

綺麗にプレスラインも修復できました。もちろん、周辺のヘコミもありませんので、プロの査定士が見てもここが凹んでいたことはわからないでしょう。

ヘコミ修理後

エクストレイル 左フロントフェンダー ヘコミ修理後

左フロントフェンダー

左フロントフェンダーのヘコミ修理後(ライトなし)

今回のようなヘコミは短時間で安く、しかも綺麗になおります。そしてデントリペアは、板金塗装と異なる施工方法なのでパテ、塗料を使用しません。新車のオリジナルの塗装をそのまま生かしますので、経年変化等の心配はございません。塗りたくない新車のヘコミ修理にはピッタリの修理方法です。

また、’デントリペアで本当になおるのかな?’と迷われているヘコミについても、是非ご相談ください。大阪、奈良、京都、三重県西部なら出張見積もりは無料です。どうぞ気軽にご相談、ご依頼ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

デントリペアでカローラフィールダーのフェンダーのヘコミを修理

カローラフィールダーのフェンダーのヘコミ修理事例をご紹介します。

フロントフェンダー後端からホイールアーチにかけて、その周辺がヘコミ、プレスライン部分も凹んでいます。一番強く当たったのはプレスライン部分で、ウィンカーにも当たったようでレンズが割れています。広い範囲が凹んでいます。

COROLLA BEFORE

カローラフィールダーフェンダーのヘコミ

最初に、ホットエアガンでフェンダーを温めた後、タイヤ側にある、インナー部品を外し、その隙間から手を差し込み裏側から手で押すと、ヘコミをある程度出すことができました。このような映像がYouTubeなどに公開されていますよね。でも、YouTubeで見かける映像は、ちゃんと見るとまだヘコミが治っていなかったりします。裏から手で押しただけでヘコミがなおったとは言えません。誰が見てもわからないようにするのがプロの仕事です。

デントリペア専用ツールをタイヤハウス側から差し込んで、フェンダーの裏側から押し戻し、凹んだ部分をすこしずつ元の形状に戻しました。

Repaired the fender of COROLLA

カローラフィールダーフェンダー修理後 割れたウィンカーも交換

施工後、きちんとフェンダーの形状が元に戻りました。フェンダーは比較的作業しやすい場所なので大きく凹んでいても短時間で施工できました。割れていたウィンカーも新しいものに交換して作業終了です。

板金塗装にてフロントフェンダーの大きな凹みを修理する場合は、フロントフェンダーの交換を勧められて7万円前後の費用となるケースもあります。今回は、できるだけお安くとの話でしたので、板金塗装に比べて半額以下の費用で修理いたしました。

デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。お車のオリジナルの塗装を生かしますから、経年変化でパテがやせたり、変色したりする心配はありません。
キズのないヘコミ(磨けば消せるキズ+ヘコミの場合も)は板金塗装をご検討される前に、是非、デントリペアによる修理をご検討ください。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

アトレーワゴンのドアの横長のヘコミをなおす

板金塗装するほどではないけど直したいヘコミってありますよね。

今回、ご紹介するのはダイハツ アトレーワゴンの運転席ドアにできたヘコミです。

ヘコミの位置は、運転席ドアの真ん中付近。横長のヘコミです。深くもありません。

車の色が白色で浅いヘコミということもあって、さほど目立ちませんが、オーナー様が、乗るときに目についてしまいますよね。かと言って板金塗装するほどではない・・・・

そんなヘコミには、塗らずになおすデントリペアの技術がお役に立ちます。

デントリペア用のライトで照らすと・・・はい、横長のヘコミですねドアのプレスラインの少し上にヘコミがあります。

アトレーワゴンの横長のヘコミ

アトレーワゴンの横長のヘコミ

横方向からライトで照らすと・・・蛍光灯の光がちょっとだけ膨らんでいるところにヘコミがあります。横長のヘコミですから、縦方向の幅は狭いです。

アトレーワゴンの運転席ドアのヘコミ

アトレーワゴンの運転席ドアのヘコミをなおします

窓を開けてガラスとドアパネルの間にデントリペアの専用工具を差し込んで行う方法で修理します。縦方向と横方向、2つのライトを使って状態を確認しながら、専用ツールの先端で押し戻して元の形に少しづつ戻していきます。

ドアのヘコミの修理後

ドアのヘコミの修理後

無事、修理完了しました。

小さなヘコミには、デントリペアは特に有効な手段となります。早く、安く、綺麗になおすことができます。

また、デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。車のオリジナルの塗装のままですから、経年変化でパテがやせたり、変色したりする心配もありません。小さなヘコミは、放置しないで是非、デントリペアによる修理をご検討ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

トヨタ ヴォクシーのスライドドア プレスライン上のヘコミ

トヨタ ヴォクシーのスライドドアのヘコミの修理事例をご紹介します。

ヴォクシーは、トヨタのミニバンです。でも、ヴォクシーの車格はミニではないですね。海外では、MPV(マルチ・パーパス・ビークル)とかピープル・ムーバーとかの呼び方もあるようですが、ミニバンよりも、ぴったりな名前が必要なように思います。

ヘコミの場所は、助手席側スライドドアのプレスラインの上です。

TOYOTA_VOXY

トヨタ ヴォクシーのヘコミを修理します

ライトで照らしているプレスラインのところがへこんでいます。おおよその大きさもお分かりいただけると思います。

dented Sliding door of VOXY

ヘコミの場所は助手席側のスライドドア。ライトで照らしている箇所を修理します

ヘコミの形状をよく観察してから作業を開始します。

dent on the pressed line

スライドドアのプレスライン部分が凹んでいます

凹んでいる範囲の上のほうには、裏側に鉄板があり、少々邪魔です。デントリペアの専用ツールの先端が届きにくい場所ですので、内張(内装パネル)を外して作業しました。

door panel removal

ヴォクシーのスライドドアの内装を取り外したところ。ヘコミの上のほうの裏には鉄板があります

ヘコミを修理した結果、写真の通りヘコミは、わからなくなりました。

repaired door of VOXY

ヴォクシーのスライドドアのヘコミ 修理後

Repaired VOXY sliding door

ヴォクシーのスライドドアのヘコミ 修理後(角度違い)

実は、修理作業にもう少しお時間をいただきたかったのですが、お客様のお時間の都合もあって、もう少し仕上げをよくできるところで作業を終えております。お客様に、「ヘコミは、もうわからない」とおっしゃっていただけたのですが・・・その旨ご説明して、「気になるようでしたら、今後、いつでも追加施工を無料で行いますので、お時間をとれるとき、ご連絡ください」とお伝えして、ヴォクシーをご返却しました。もちろん、追加施工のご依頼をいただいた際は代金はいただきません。お時間のあるときにご連絡いただければと思っております。

お客様が、もし、デントリペアでの施工結果に、ご不満がある場合は、ご納得いただけるまで対応させていただきます。傷のないヘコミは板金塗装をご検討される前に、是非、デントリペアによる修理をご検討ください。他店で断られたヘコミ、修理できなかったヘコミもなおせる場合がありますので、気軽にご連絡ください。

今回もデントリペア・ヨコイを選んでいただき誠にありがとうございました。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

スバル レヴォーグのドア プレスラインのヘコミを修理

出張修理のケースをご紹介します。

車は、スバル レヴォーグです。レヴォーグは事例でもたびたびご紹介している人気車種ですね。

ヘコミの場所は運転席側ドアのプレスラインの上です。凹みの中心には小さなキズがありますが、気にならないのでデントリペアで修理したいとのご要望でした。
プレスラインとは、ボディパネル(ドア、ボンネットなどの外観)の形状を作る際、鋼板(鉄板、アルミなど)に圧力をかけて形状を作りますが、デザイン上、なだらかな変化でなく、折り曲げたような急な変化をつけた部分がプレスラインです。

ちなみに今回のヘコミ修理はディーラー様での見積では2.5万円だったそうです。当店の価格は・・・お客様に事例としてWebにて紹介することのご了解もいただきましたので,割引価格適用で税込12,000円です。

dented door press line of SUBARU

SUBARU LEVORGのドアのヘコミ 修理前

repaired door press line of SUBARU

SUBARU LEVORGドアのヘコミ 修理後

今回の修理方法は、窓を開けてガラスとドアパネルの間にデントリペアの専用ツールを差し込んで直す方法です。ツールを使ってヘコミを裏側から少しづつ押し戻して元の形に戻します。そして作業完了。

できるだけ施工前と同じライティングにして撮影するようにしていますが、ドアパネルにドアミラーや周辺の景色(施工した付近に電線とか)が映りこんでしまいました(いつも写真がへたですみません)。黄色いテープを貼ってある間のプレスラインの部分(小さな傷は残っています)にヘコミがありましたが、なおっているのがおわかりいただけると思います。

今回の修理結果もお客様に大変喜んでいただくことができました。
デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。お車のオリジナルの塗装のままですから、経年劣化でパテがやせたり、変色したりする心配はありません。
小さなへこみも大きなへこみも、傷のないヘコミは板金塗装をご検討される前に、是非、デントリペアによる修理をご検討ください。

デントリペア・ヨコイを選んでいただき誠にありがとうございました。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

トヨタ アリオンのドアのプレスライン上のヘコミを即日修理

ドアのプレスライン上のヘコミ修理の事例をご紹介します

お車は、トヨタの4ドアセダン アリオンです。アリオンは昔でいうとカリーナの位置づけにあたる車でしょうか・・・。セダンにお乗りになる方は、セダンへのこだわりの強い方が多いようです。スタイル、安全性(キャビンの前後に頑丈な構造物と余裕がある)、室内の静粛性、トランクが室内と分離、運転時の姿勢(膝を折り曲げない運転姿勢)などなど。

今回のヘコミは助手席側フロントドアのプレスライン上にできたヘコミです。このヘコミもやはり、駐車場で隣の車のドアがあたってできたものかもしれません。プレスラインにできたヘコミは深くなるので小さくても目立ちます。

dented door of TOYOTA ALLION

トヨタ アリオンのドアのヘコミ(修理前)

このヘコミは、窓を開けてガラスとドアパネルの隙間からデントリペアの専用ツールを差し込んでなおせるヘコミです。比較的短時間でなおせます。ライトでヘコミを照らし表面をよく観察しながら、ツールで裏側を押して少しづつ元の形に戻していきます。言葉にすると簡単ですがノウハウは、いろいろあります。

修復完了後の写真です。いつもは、目印程度に黄色いテープを張っているだけですが、ほかのデント屋さんを真似てテープで囲ってから作業しました。

repaired door of TOYOTA ALLION

トヨタ アリオンのヘコミ 修理後

ライトで照らしている状態が、デント屋にとっては一番、綺麗になおっていることがわかりやすいのですが、他店でラインボードを使っているところがありましたので真似てみました。

repaired door with line board

トヨタ アリオンのヘコミ 修理後 ラインボードをボディに映してみました

いろいろと写真が下手ですみません。ラインボードでは、ここにヘコミがあったとことはわかりません。

デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。お車のオリジナルの塗装のままですから、経年劣化でパテがやせたり、変色したりする心配はありません。
傷のないヘコミは板金塗装をご検討される前に、是非、デントリペアによる修理をご検討ください。

今回もデントリペア・ヨコイを選んでいただき誠にありがとうございました。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/

ワゴンRのリアドア プレスラインのヘコミ修理

ワゴンRのリアドアのプレスラインのヘコミの修理です。他にもヘコミはありましたが、「大きなものだけ、できるだけ安く直して」とのご依頼でした。
この大きさでしたら出張修理の場合、15,000円前後で承ります。木津川市の店舗までお越しいただければ、さらに割引(10% off)させていただきます。また、自動車業界のお客様向けに業販価格も設定しております。

さて、このヘコミですが、写真の通り緩やかなプレスラインの部分がへこんでいます。

プレスラインには、物があたることが多く、普段からご依頼の多い場所です。
今回は、ドアの窓から近いプレスラインにできたヘコミですが、車によっては、窓に近い場所には裏側に鉄板があって、内張り(内装)を外さないとヘコミの上半分の修理作業ができないこともあります。

wagonR dented rear door

ワゴンRリアドアのヘコミ 修理前

Suzuki wagonR dented door2

ワゴンR リアドア修理前 別の角度からライトをあてて撮影

今回の場所、ワゴンRの場合、窓を開けてガラスとドアパネルの隙間からデントリペアの専用工具を差し込んで作業できます。きちんとプレスラインのかたちを修復し作業完了しました。

SUZUKI wagonR repaired door

ワゴンRのリアドア 修理後

板金塗装の半額以下で修理できるので、軽ワゴンのヘコミ修理の依頼はたくさんいただきます。ワゴンRはもちろん、タント、ムーブ、ekワゴン、デイズなど、どんな車種でもご相談ください。

デントリペア・ヨコイへのお申し付け、本当にありがとうございました。


ヘコミ修理は、いつも全力で対応させていただいております。奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」に是非ご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

トヨタプリウスのフェンダーのヘコミをデントリペアで修理

今回ご紹介するのは、トヨタ プリウスのフェンダーの修理です。

プリウスは皆さまご存知のハイブリッドカーですね。新車乗用車の月別販売台数では、ランキング1位の常連で、累計販売台数も多いので、プリウスのヘコミ修理の依頼は非常に多くあります。時にはプリウスのヘコミ修理のご依頼が続くということも・・・・
ご参考:新車乗用車販売台数月別ランキング http://www.jada.or.jp/contents/data/ranking.html

今回のご依頼は、フェンダーのヘコミ修理です。お客様はインターネットで当店を見つけてくださったのですが、板金塗装よりも安くなおせるという点にも期待していただいているようでした。

dented prius

フロントフェンダーにヘコミがあるプリウス

ヘコミはこんな感じです。

dented fender

フェンダーのヘコミ

dented fender with lighting

ヘコミの形が分かりやすいようにライトで照明

プレスラインの上側部分を部分を中心にへこんでいます。何かがあたった衝撃で周囲にもヘコミができているので、ヘコミは一つではありません。盛り上がって凸になっているところもあります。

よく観察し状態を確認した後、修復作業を開始しました。いつも通り、デントリペアの専用工具でへこんだところを少しづつ裏から押し出していきます。凸になっているところはポンチで叩いて元の形状に戻していきます。地道な作業の繰り返しの末にヘコミ修理が完了します。

repaired fender

ヘコミ修理作業後 ヘコミのあった場所をライトで照らしている状態

実はライトで照らしている写真でも分かりますが、フェンダーの縁に近い部分の一部が、まだ少しへこんでいます。ちょうどこの裏にライナー(タイヤハウス内のインナーカバー)をクリップで固定するための折り返し部分があり(もちろん、工夫してあらかた元の形状に修復しましたが)、完全に修復することはできませんでした。

Repaired front-fender 2

修理後の写真(ライトなし)黄色いテープはヘコミ位置確認用の目印です

お客様には、なおっていない部分があることもご説明させていただきましたが・・・「わからないですよ」と言ってくださり、とても喜んでくださいました。

完全に修復することができない場合もありますが、ご依頼いただきました場合は、いつも全力で対応させていただいております。是非、奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。


社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

アウディA1スポーツバック リアフェンダーのヘコミ

アウディA1スポーツバック リアフェンダーのヘコミの修理です。小さくても存在感のあるデザイン・・・私も欲しい車です。
Audi A1 Sportback については、Audiのサイトをご覧ください。
「Audiの哲学とクオリティが宿るプレミアムコンパクト」

 

AUDI A1 Sportback

AUDI A1 Sportback

赤丸で囲んでいる部分に小さなヘコミがあります。小さいのですがプレスラインの上にあるヘコミです。
この場所は、デントリペアの難易度が高いので、タイヤとタイヤハウス内のカバーを取り外して、外からは見えないところに穴をあけてアクセス(デントリペアの専用ツールをヘコミの裏側へ導くための経路)を確保します。もちろん、お客様には事前にご説明し了解をいただいております。

AUDI A1 Sportback Rear fender

リアフェンダーにヘコミがあります

ライトの照明によりヘコミの状態を見やすくしています。
この後、裏側からツールで少しづつ凹みを押して、戻していきます。
プレスラインの部分は、元の形状に戻すというよりプレスラインを作り直す感じの作業です。

A dent on the fender of AUDI A1

リアフェンダーにヘコミがあります

下の写真は、デントリペア 完了後の写真です。黄色いテープが2枚貼ってありますが、その間のプレスライン上に凹みがありました。でも、もうヘコミはありません。

Dent removal with Lighting

AUDI A1 ヘコミ修理作業後

ヘコミ修理後、作業に使った穴には、さび止めを施し、グロメット(キャップのようなもの)で穴を塞ぎます。そして、フェンダー内のカバーを戻します。
カバーのおかげで、下から覗いても修理したことは、まったくわかりません。そしてタイヤを取付けます。

After2

作業終了後の写真です。目印のテープは残しています。
以上の通り、デントリペアでヘコミがなくなりました。板金塗装の場合、経年劣化する事がありますが、デントリペアの場合、その懸念がありません。そのため愛車の価値が落ちる心配もありません。

費用も板金塗装の半額以下。また、作業も短時間でおわります。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

エルグランド フェンダーのヘコミの修理

日産 エルグランドの左フロントフェンダーのヘコミ修理の事例をご紹介します。

フロントフェンダーの一部が凹んでいるのがわかりますでしょうか。今回のお客様は、デントリペアでお車を修理するのが初めてなので、板金塗装にくらべてどこまでできるのかご興味があるとのことでした。
板金塗装は、部品を交換(今回のケースであればフェンダー)することも含めて対応できますので、ヘコミ自体がなおらないということはありませんね。デントリペアの場合、ツールを使って裏側から押し出すことが基本ですので、職人の腕前で大きく差が出るといえます。

Dented NISSAN ELGRAND

エルグランドのフロントフェンダーのヘコミ修理のご依頼

ヘコミを近くで撮影しました。プレスライン部分とその上下が凹んでいます。

作業は、凹みの状態がよくわかるようにデントリペア用のライトで照明して、よく観察します。プレスラインのところから下10cm以上の範囲と上1~2cmの範囲が凹んでいます。
そして、さらに上の方は、凹みとは逆に、飛び出して凸になっています。

dented fender of NISSAN ELGRAND

エルグランドのヘコミ ライトで照明

ヘコミは、フェンダー内(タイヤハウス)のインナー(ライナーともいいます)を外して、デントリペアの専用ツールを差し込み、裏側から少しづつ押して戻していきます。逆に凸になっている部分は、木槌とポンチで少しずつ叩いて元の形に戻していきます。言葉にすると簡単ですが、「えいっ」と力任せにやっているわけではありません。「ぐいぐい」いく場合もありますが、適切な場所を適切な力で押したり叩いたりして少しずつ戻していく、ある意味、時間のかかる作業であり、職人の技術と集中力が必要になります。
そして・・・作業が終了し、きれいになおりました。

ELGRAND dent removed

エルグランドのフロントフェンダーのヘコミ修理後

お引き渡しの際、お客様に大変喜んでいただけました。デントリペアを選んで良かったと思っていただけたと思います。デントリペアで本当に修理できるの?と思ったヘコミや他店で断られたヘコミも是非ご相談ください。
車のキズのないヘコミはデントリペアでもきれいになおせます。しかしながら、デントリペアは、万能ではありません。当店は、板金塗装も取り扱っておりますのでデントリペアでなおせないヘコミは、板金塗装をおすすめさせていただく場合もあります。是非、奈良、京都、大阪で車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

 


社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

ヴィッツのヘコミ修理(小さな傷のある凹み)

トヨタ ヴィッツの助手席側ドアのプレスライン上のヘコミ修理をご紹介します。

どこかの駐車場で隣に駐車していた車のドアがあたったものだと思われます。
ドアのプレスラインの付近に、何かがあたって凹んでしまうことはよくあります。
プレスライン部分のヘコミ修理のご依頼は、本当によくあります。

このヘコミの中心付近には、小さな縦の傷があります。この傷は、小さいのですが、傷がついてから少し時間がたっているせいで、傷の隙間から見える塗装と鉄板の間には、少しだけ錆が出てきて黒くなって周囲よりも少しだけ膨らんでいます。

dented door of TOYOTA VITZ

トヨタ ヴィッツ ドアのヘコミ(修理前)

ヘコミの修理は、窓を下して(窓を開けて)、ドアパネルとガラスの間からデントリペアの専用ツールを差し込んで、裏側から少しづつ押し出して元の形に戻していきます。膨らんだ傷の部分は、他の部分と違和感が出ないように表面を木槌とポンチで叩いて平坦にします。

傷自体は、デントリペアでは、なおせません。しかし、今回のヘコミであれば、ヘコミ修理後は、傷もわかりにくくなり、凹んでいた事がわからなくなります。

傷の部分のさびが進行しないように、軽く磨いた後、コーティング液を塗っておきました。

Repaired door of TOYOTA VITZ

トヨタヴィッツ 中心に小さな傷のあるヘコミ 修理後

デントリペアなら板金塗装よりも低価格で、しかも即日の修理が可能です。
板金塗装と比較した時のデントリペアにメリットは、小さなヘコミほど、短時間で安く、しかも綺麗になおることです。さらに、パテ、塗料を使用しないので経年変化の心配がありません。
しかしながらデントリペアは万能ではありませんので、ヘコミの形状(大きさ、深さ)や、傷の有無や傷の深さで板金塗装をお勧めさせていただく場合もあります。当店は板金塗装も取り扱っておりますので、どんなヘコミでもお気軽にご相談ください。お客様にとって一番ベストな方法を考えて、ご提案させていただきます。


ヘコミ修理は、いつも全力で対応させていただいております。奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」に是非ご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/