今回、ご紹介するのはカローラ・クロスのドアにできたヘコミの修理事例です。
ボディカラーはパールホワイトです。

corollacross
トヨタ カローラクロス

早速ですが、ヘコミの写真です。助手席側のリアドアの前の方にヘコミができています。凸になっている部分もあります。

凹みのあるドア
ヘコミの位置

次の写真は、ヘコミの写真です。作業を行うリためにデントリペアの作業用ライトで照明しています。
ヘコミが2つあり、凸状態になって出っ張っている部分もあります。これは、裏側に「ビーム」と呼ばれる補強用のバーの角があるからで、ヘコミができたときに、いったんこの部分も深く凹んで、裏側の補強バーの角にあたって、凸状態になったものです。衝撃が強いとこうなります。
最近は、この補強バーの幅が広い車種が増えており、裏から押すことが難しいケースが増えてきました。今回もヘコミの真裏に「幅の広いビーム」があって、裏側から押すことはできませんでした。

凹み修理前
ヘコミの状態

ヘコミの状態を確認いただける動画です。

ヘコミの状態(確認用動画)

裏から押せないヘコミは、表面から引っ張るプーリングという方法を使います。プーリングという修理方法についてお知りになりたいかたは、こちらを御覧ください。

次の写真はヘコミ修理後です。

凹み修理後1
ヘコミ修理後(1)
凹み修理後2
ヘコミ修理後(2)

ヘコミ修理後の状態は動画でもご確認いただけます。

修理後の状態(確認用動画)

今回の仕上がり状態については、凸になっていた部分が不完全です。凸部分をポンチで叩きましたが、周辺が凹んだ状態になっており、これをプーリングで修理するのは、傷があるため、塗装が剥げるリスクが高いので、このレベル以上に修理するのはリスクが高すぎると判断しました。
お客様にもその旨お伝えしましたが、「ぜんぜん、わからない」と、おっしゃってくださり、仕上がりについても、とても喜んでくださいました。この度は、当店をお選びいただき、本当にありがとうございました。

もし、今回の凹みを鈑金塗装で修理するとしたら・・・。
お客様は、事前にディーラー様で鈑金塗装の見積をお聞きになっておられました。10万円以上だったとのことです。この場所の場合、どうしても塗装のぼかしのために、傷も凹みもない前のドアも塗る必要があるからだと思われます。
ペイントレス・デントリペアなら経年変化なし、オリジナルの塗装のままなので、塗装の見た目が元の状態と変わることもありません。また、将来買い換える際の査定への悪い影響もございません。
傷のないヘコミなら・・・、ペイントレス・デントリペアの場合、「その日のうちに作業が完了」しますし、「鈑金塗装の金額を大幅に下回る金額」「経年劣化の心配がない」ことから大変お奨めです。 また、直せなかった場合は、代金はいただきません。
傷がない凹みの修理なら、小さなへこみはもちろん、大きなヘコミもご相談ください。ペイントレス・デントリペアでの修理をご検討いただき、デントリペアがだめなら「鈑金塗装」あるいは、「程度の良い中古部品への交換」という順番でご検討されるのがおすすめです。
☆特殊技術ペイントレス・デントリペアでお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能
☆代車無料


社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147
URL:https://dent-yokoi.com/