トヨタ マークXのリアフェンダーのバンパーのズレの修理事例のご紹介です。

バンパーがずれているので直して欲しいと、出張見積もりのご依頼をいただきました。
お客様の駐車場で車を確認させていただくと、バンパーが外れて、ずれているのではなく、ボディのフェンダー側が奥に凹んでいました。横方向か、斜めの方向からあたったようです。
また、キズをタッチアップペイントで修復した後もあります。写真にも写っているタッチアップペイント部分を綺麗に修理するのでしたら、板金塗装の方がよいのですが、今回のお客様はできるだけ安く修理したいというご要望でしたので、デントリペアにて修理させていただき、即日の修理にてご返却することにしました。

バンパーのずれ

リアバンパーのずれとリアフェンダーのヘコミ。実は・・・・バンパーで見えないところにバンパーのズレの原因があります

バンパーとボディ側の隙間

マークX  バンパーとボディ側の隙間(別角度、出張見積の際に撮影)

作業前に、まずリアトランクとバンパー周辺を洗浄。その後、傷がつかないようにマスキングテープで周辺を保護(養生といいます)した後でバンパーを取り外しました。
確認するとバンパーに隠れていたところに深い凹みがあり、内部では塗装の割れも発生していました。バンパーが嵌らない(はまらない)でずれている原因が確認できました。

バンパーで隠れている部分

修復途中の写真。矢印の差している付近が凹みの中心

さて、ヘコミの中心がわかりましたので、修理の手順としては・・・・
近くにちょうどいい穴がありましたので、そこからデントリペアの専用ツールを差し込み、裏側から押してリアフェンダーを正常な位置に戻していきます。次に、リアフェンダーにできていた、大きな2つのヘコミを修理しました。言葉にすると簡単ですが、それなりの時間はかかっています。
また、外からは見えないけどさびていた部分には、さび止めの処理を施しました。バンパーの組み付け前に、隙間から見える汚れも綺麗に清掃した後、バンパーを元に戻して作業が完了です。

マークX バンパーとリアフェンダーの修理完了

凹み修理完了後の写真

今回の修理もお客様に大変お喜びいただけました。

ヘコミのことでしたら、「ペイントレスデントリペア」の技術がお役に立てます。デントリペアは、価格が安いことだけがメリットではありません。是非、「デントリペアとは」のページで当店の技術の特長をご確認ください。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/