今回ご紹介するのはレクサスの屋根のヘコミの修理です。プーリング(または引っ張り)と呼ばれる方法で修理しています。

LEXUS NX200t 屋根(ルーフサイドとルーフ)のヘコミを修理
黄色いテープを貼っている付近にヘコミがあります。
ドアのバイザーに貼っている青いフィルムは作業中に傷をつけないよう保護するためのものです。

屋根にヘコミができる原因は様々ですが、今回は「いたずら」ではないかとおっしゃっていました。そして、ご自分でネット検索して「引っ張ってなおすツール」を買って、修理に挑戦されたそうです。
その結果は・・・、出過ぎたところと、凹んだままの状態のところができて、ご自分での修理は断念されたとのことでした。

施工前のルーフサイド
ヘコミの状態がわかる動画
別の位置(奥の方)のヘコミがわかる動画

これらのヘコミを修理するために、プーリングという方法を使用します。主に使用する道具は、タブ、スライディングハンマー、グルースティック、グルーガン。そして、出すぎて凸状態になった部分をもとの形にもどすために、数種類のポンチと木槌、ハンマーなどを使います。
タブは、多種多様な形のものがあり、その中からヘコミの形状に合った最適なものを選びます。最初は、ヘコミと同じ位のサイズの大きなものを使います。

ヘコミ修理の終盤になると小さなサイズのタブを使うことがあります。

タブに、熱で溶けたグルーを塗ってヘコミに貼り付けます。そしてスライディングハンマーでガツンと引っ張ったり、コンコンと優しく引っ張ったり・・・ヘコミの状態に応じて力を使い分けます。
わざと、凸状態にしてからポンチとハンマーで叩いて形を整えることもします。

ヘコミ修理後 After
手前側のヘコミがなおっている動画です
奥側のヘコミがなおっていることがわかる動画です

ヘコミ修理後、お客様に仕上がりをご確認いただいた際に、「すごい、蛍光灯がまっすぐ映っている」「 俺もこんな、人に喜ばれる仕事がしたいわ」「屋根がこんな引っ張る方法でなおるなんて知らんかった。他店にも聞いたが、引っ張りではできないと言われた。」と、お褒めの言葉をいただきました。
ありがとうございました。

このようにして、裏から押せないヘコミは「プーリング」という方法でなおします。なお、すべてのデントリペア屋さんがプーリング作業を引き受けているわけではありません。他店でできないと言われた場合もご相談ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/