板金塗装したくない新車のヘコミ修理

今回ご紹介するのは、納車から約1ヶ月の新車ホンダ フィットのドアのヘコミ修理事例のご紹介です。

小さくて、あまり目立たないヘコミなので、ディーラー様で「板金塗装するしかないが、目立たないヘコミなので気にしないようにしては・・・」と提案されたそうです。

でも、このようなケースでこそデントリペアをお薦めしていただきたかったです。今回は、お客様ご自身でネットを検索して’デントリペア’の存在を知り、当店を見つけてくださいました。

Honda_FIT_LeftFront_door

ホンダ フィット助手席ドアのヘコミ

助手席ドアにヘコミがあるのですが、どうやらドアパンチのようです。オーナー様は、洗車のたびに気になって仕方がないとのことでした。

確かにヘコミとしては浅いのですが、黒色のきれいなお車ですから、周りの景色が映り込んだときに、ヘコミが気になってしまいます。

Honda_FIT_Before

ホンダフィットの助手席ドアのヘコミ

デントリペア用のライトで照明すると、黄色いマスキングテープの中間にあるヘコミがより見やすくなります。

Honda_FIT_After

ホンダフィットの助手席ドアのヘコミ修理後

気になるとおっしゃっていたヘコミは準備含めても短時間で修理でき、新車時の状態に戻りました。

費用は12,000円+消費税(割引前価格)です。板金塗装よりかなりお安いです。

もう一箇所、ドア端の方にあるヘコミは・・・別の時点でできたもの(生産完了のときからあったかも・・・)と思われます。今回は、お客様からご依頼があったヘコミのみの修理となりました。こちらのヘコミはプーリングという修理方法を使う必要があり、難しい場所のヘコミですが、ご依頼いただいた際には、全力で対応させていただきます。

板金塗装したくない新車のヘコミ修理にこそ、デントリペアがお役に立ちます。

この度は、当店のペイントレス・デントリペア技術をご利用いただきありがとうございました。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料です。気軽にご相談ください。
プレスライン上のヘコミはもちろん、大きなヘコミでも対応します。他店で断られたヘコミもご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

AUDI A3ドアの少し複雑なヘコミをなおしました

動いているときに、ものに当たって、凹凸ができたドアのヘコミの修理事例をご紹介します。

今回のお車はアウディ A3です。

ドアに凹凸があるのが写真でおわかりいただけますでしょうか?駐車場にあった車止めのポールにあたったそうですが、幸い傷は目立たないのでデントリペアで綺麗に直せそうです。凹凸があるので少しだけ面倒なのですが、当店にご依頼の多いタイプです。

A3_rear-door_Before

助手席側リアドアにできた凹凸、修復前

凹凸になるのには理由があります。この真裏(ドアの中)にビームと呼ばれる鉄製の補強材があり、ビームとドアのパネルが発泡性ゴム状の接着剤などで固定されているからです。当たったときにドアパネルを凹ませる力が、周囲に伝わるとき、この接着部分で、力が留まって逆に盛り上がってしまうのです。きちんと、手順通りにやることでしか綺麗に直せません。真裏にビームがある場所のヘコミにはプーリングとういう方法も併用してなおします。

同じく、ドアの下の方にもヘコミができていますので一緒になおします。

Before_downside

リアドアの下の方のヘコミ 修復前

リアドアにできた凹凸の修復後の写真です。

After1

助手席側リアドアにできた凹凸の修復完了後 (修復前の写真の反対側から撮影)

下の方のヘコミの修復完了後です。

After_downside

リアドアの下の方のヘコミの修復完了後

修復後のドアを見たお客様から、「ここまで綺麗になおるとは思っていなかった」と言っていただけました。

パテも塗料も塗らずになおす’デントリペア’は、’板金塗装’で塗りたくない’外車’のヘコミ修理にとても適しています。
外車のヘコミ修理は、デントリペア・ヨコイに是非、ご相談ください。ヘコミを「なかったこと」にして、お客様に喜んでいただけるように全力で対応させていただきます。

この度は、当店のペイントレス・デントリペア技術をご利用いただきありがとうございました。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/

BMW525ie ステーションワゴン ドアのヘコミをなかった事に

BMW525ie ステーションワゴン 左リアドアのヘコミの修理事例です。

BMW525ie

BMW525ieの左リアドアにヘコミがあります

左リアドアは、同乗者がなにかものをぶつけるケースもありますが、今回のお客様はご自身がチャイルドシートを取り外した際に、チャイルドシートを上から下に落とす感じで凹んだヘコミとのことでした。

Before_景色の映り込み

ヘコミの状態です。景色の映り込みでも凹んでいることがわかります

デントリペア用のライトで照明して陰影でヘコミの状態をよく観察します。傷がついていなくてよかったですね。

BMW525ie_Before

チャイルドシートによるドアのヘコミ

修復は、窓を開けてドアパネルとガラスの間にツールを差し込み、裏側から押してなおす方法で行いました。

下の写真は、ヘコミ修理後のものです。上下に貼ったテープの中間付近にヘコミがありましたが、完全になおっていることがお分かりいただけると思います。

After_1

ヘコミ修理後

ライトを遠くにして確認しながら作業したり、蛍光灯を使って確認しながら作業します。ライトの距離を遠くにして透かして見ても、ヘコミの影や違和感はありません。

After2

ライトを遠くにして確認。実際はもっと遠くにして確認したりしますが、写真に撮れないので・・・

 

ヘコミ修理後 ライトなしで景色の映り込み

ヘコミ修理後 ライトなしで景色の映り込みでの確認もします

今回も綺麗に修理できましたので、お客様にお喜びいただくことができました。

パテも塗料も塗らずになおす’デントリペア’は、’板金塗装’で塗りたくない’外車’のヘコミ修理にとても適しています。
外車のヘコミ修理は、デントリペア・ヨコイに是非、ご相談ください。ヘコミを「なかったこと」にして、お客様に喜んでいただけるように全力で対応させていただきます。

この度は、当店のペイントレス・デントリペア技術をご利用いただきありがとうございました。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

ホンダ フリードプラス フロントフェンダーのヘコミ修理

今回ご紹介するのも小さなヘコミです。

ホンダ フリードプラスのフロント’ドア’にできた’ヘコミ’の修理事例です。

Hisilicon K3

ヘコミの場所は、右ドア ミラーの下付近です。

ヘコミの位置は、ミラーよりは前方でドアのプレスラインのすぐ下付近ということで、プレスラインへの影響はほとんどないので窓から修復可能なラッキーなヘコミかと思ったのですが、実際には簡単ではありませんでした。

dent on the honda freed plus

ホンダ フリードプラスのドアにできたヘコミ

ヘコミを完全になおすためには、しっかり、力を伝える必要があったので、ドアの内張りを外して、グロメット(黒くて丸い直径2cmくらいのキャップ)の穴から専用ツールを差し込んでアクセスしました。

ツールを差し込んだ穴

ツールを差し込んだ穴は、黒い直径2cmのキャップを外した穴

デントリペアの専用ツールというのは、簡単に言うと、いろいろな形をした鉄の棒です(^^;

その鉄の棒の中から最適な形のものを選んで、梃子の力も使いながらヘコミを裏から押して少しづつ元の形に修復していくのです。で、修復結果です。ヘコミのあったときはヘコミ部分に深い影がありましたが、完全になくなっています。

ヘコミ修復後1

ヘコミ修復後(1)

デントリペア用の照明の角度を変えて、プレスラインの状態をわかりやすくしたものです。テープが2枚貼ってありますが、その間のプレスラインのすぐ下付近に小さいけど深めのヘコミがありました。綺麗になおっていますよ。

ヘコミ修復後(2)光を当てる角度を変えて

今回も綺麗に修理できましたので、お客様にお喜びいただくことができました。

パテも塗料も塗らずになおす’デントリペア’は、’板金塗装’で塗りたくない車のヘコミ修理にとても適しています。
車の傷のないヘコミ修理は、デントリペア・ヨコイに是非、ご相談ください。お客様に喜んでいただけるように全力で対応させていただきます。

この度は、当店のペイントレス・デントリペア技術をご利用いただきありがとうございました。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

BMW X5のドアの小さなヘコミを直す

外車の’傷のないヘコミ’の修理には、’板金塗装’よりもデントリペアが適しています。
サイズ的に小さいヘコミであれば、なおのことです。査定士の方でもわからないほど、綺麗になおる可能性が非常に高いからです。

今回ご紹介するのは、BMW X5の左リアドアにできたヘコミの出張修理の事例です。

ヘコミの場所_X5

ヘコミの場所は、X5の左リアドア その前下端付近

ヘコミのサイズ自体は小さいのですが、直しにくい場所です。

Before_X5

ヘコミ修理前

下は、修理作業後の写真です。

After_X5_3

ヘコミ修理後

板金塗装とは修理方法が異なります。ヘコミを裏から叩いて直すと思われている方がいらっしゃいますが、叩いていません。

専用のツールを使って裏側から少しづつ押して元の形に戻していきます。きれいになおすために、デントリペア用のライトでヘコミを照明し、よく観察しながら、正確なポイントを適正な力で押していく必要があります。

別の写真です。作業の結果、ヘコミが綺麗になおっています。

After_X5_2

ヘコミ修理後の状態 綺麗になおっています

今回も綺麗に修理できましたので、お客様にお喜びいただくことができました。

パテも塗料も塗らずになおす’デントリペア’は、’板金塗装’で塗りたくない外車のヘコミ修理にとても適しています。
外車のヘコミ修理は、デントリペア・ヨコイに是非、ご相談ください。お客様に喜んでいただけるように全力で対応させていただきます。

この度は、当店のペイントレス・デントリペア技術をご利用いただきありがとうございました。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

ドアパンチによるヘコミ修理事例 スズキ アルト

駐車して車を降りたり乗ったりする際に、開いたドアを別の車にぶつけること、ぶつけられることをドアパンチとも言います。

今回のヘコミもドアパンチによるものかもしれません。お車はスズキ アルトです。

DBA-HA36S

スズキ アルト DBA-HA36S

左前ドアと左後ドアにヘコミがあります。一つ目のヘコミです。4枚テープを張ってある場所の中心に凹みがあります。

ドア上方から見た写真

左前ドアのヘコミを上方から見た写真

二つ目のヘコミです。こちらのほうが大きいです。

左後ろドアのヘコミを上方から見た写真

左後ろドアのヘコミを上方から見た写真

両方のヘコミともLEDライトで照らしています。なぜLEDで照らすのか?ですが、LEDライトで照らすと影がはっきり出るからです。影がはっきり出で塗装表面の凹凸の状態がわかりやすくなります。そして、ヘコミの形状もよくわかり、どこからなおしていくべきか判断できます。さらに、裏側からツールで押したときに、「今、ツールの先端がどこを押しているか?」ということもわかりやすくなります。いろいろな意味があってライトを使って作業するのです。

後ろドアの修理時の光景

後ろドアの修理時の光景

さて、修理後ですが・・・、まずは、左前ドアの小さなヘコミの修理結果から

後方から見た写真 修理後

左前ドア 後方から見た写真 修理後

左後ろドアのヘコミ修理後の状態です。両方共、ヘコミは綺麗になくなりました。

アルト 左後ろドア 修理後

左後ろドアをライト無しで撮影したものです。

ライトなしでの修理後の状態

ライトなしでの修理後の状態

今回のようなヘコミは短時間で安く、しかも綺麗になおります。そしてデントリペアは、板金塗装と異なる施工方法なのでパテ、塗料を使用しません。新車のオリジナルの塗装をそのまま生かしますので、経年変化等の心配はございません。塗りたくない新車のヘコミ修理にはピッタリの修理方法です。

また、’デントリペアで本当になおるのかな?’と迷われているヘコミについても、是非ご相談ください。大阪、奈良、京都、三重県西部なら出張見積もりは無料です。どうぞ気軽にご相談、ご依頼ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

レガシィのドア 裏に鉄板がある水切りモール付近の凹み修理

スバル レガシィのドアの修理事例をご紹介します。

この事例の修理箇所は、運転席側の後ろドアの上の方で、裏側に鉄板があり、少しやりにくい場所なので紹介させて頂きます。ひょっとするとデント屋さんによっては、「裏側に鉄板があるから修理できない」と言われるかもしれません。

ちなみに、今回のデントリペアのお値段は12,000円(税込、各種割引後価格)です。

SUBARU LEGACY

スバル レガシィ

具体的には、下の図のように水切りモールと呼ばれるパーツとプレスラインとの間です。この部分には裏側に鉄板があり、それが邪魔なので、窓を開けて、その隙間からデントリペアのツールを差し込んで修理するという方法が使えません。

リアドアの図

では、どうやって修理するのか?ですが、内張りと呼ばれる内装パネルを外して、裏側の鉄板に開いている穴を見つけてそこから、ツールを差し込んで直します。もし、適当な穴がない場合、構造、強度に影響がない場所に穴を開ける場合もあります。写真でのヘコミの場所は、黄色いテープを貼っている2箇所の中間付近です。少しキズがついているので、おわかりいただけると思います。上の方のテープを貼ってある場所(窓の幅と同じ細長いパーツ)が水切りモールです。

dent on the rear door

ヘコミの場所は、黄色いテープを貼っている2箇所の中間付近

ライトで照明すると陰影ができてヘコミがよく見えるようになります。

Legacy_door_before

ヘコミをライトで照明すると陰影でヘコミがわかりやすくなります

内張りを取り外して確認した結果、今回は、裏側の鉄板にちょうど良い穴がありましたので、そちらからツールを差し込んで直しました。

door is repaired

ヘコミ修理後(1)

dent has been removed

ヘコミ修理後(2)

今回は、ヘコミにアクセスするための適当な穴がありましたので、そこから修理しましたが、ない場合には、さらに分解したり、構造、強度に影響がない場所に穴を開けて、そこから作業する場合もあります。もちろん、穴はキャップで塞ぎますし、内張りなどで完全に見えなくなるので問題はありません。どこに、どんな道具で、どのような穴を開けるのか?は、ノウハウということになります。

今回も綺麗に修理できましたので、お客様にお喜びいただくことができました。

他店で断られたヘコミも是非ご相談ください。見積もりは無料です。難しいヘコミの場合、実際に作業してみないと修復可否はわかりませんが、作業してみて修理ができなかった場合、もちろん料金はいただきません。

どうぞ気軽にご相談、ご依頼ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


大阪、奈良、京都などの出張エリア内でのお見積は無料。店舗へお越しいただいた際には、施工費用を通常料金から10%割引させていただきます。無料の代車もございます。ご依頼お待ちしております。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

アトレーワゴンのドアの横長のヘコミをなおす

板金塗装するほどではないけど直したいヘコミってありますよね。

今回、ご紹介するのはダイハツ アトレーワゴンの運転席ドアにできたヘコミです。

ヘコミの位置は、運転席ドアの真ん中付近。横長のヘコミです。深くもありません。

車の色が白色で浅いヘコミということもあって、さほど目立ちませんが、オーナー様が、乗るときに目についてしまいますよね。かと言って板金塗装するほどではない・・・・

そんなヘコミには、塗らずになおすデントリペアの技術がお役に立ちます。

デントリペア用のライトで照らすと・・・はい、横長のヘコミですねドアのプレスラインの少し上にヘコミがあります。

アトレーワゴンの横長のヘコミ

アトレーワゴンの横長のヘコミ

横方向からライトで照らすと・・・蛍光灯の光がちょっとだけ膨らんでいるところにヘコミがあります。横長のヘコミですから、縦方向の幅は狭いです。

アトレーワゴンの運転席ドアのヘコミ

アトレーワゴンの運転席ドアのヘコミをなおします

窓を開けてガラスとドアパネルの間にデントリペアの専用工具を差し込んで行う方法で修理します。縦方向と横方向、2つのライトを使って状態を確認しながら、専用ツールの先端で押し戻して元の形に少しづつ戻していきます。

ドアのヘコミの修理後

ドアのヘコミの修理後

無事、修理完了しました。

小さなヘコミには、デントリペアは特に有効な手段となります。早く、安く、綺麗になおすことができます。

また、デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。車のオリジナルの塗装のままですから、経年変化でパテがやせたり、変色したりする心配もありません。小さなヘコミは、放置しないで是非、デントリペアによる修理をご検討ください。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

日産 ノート ドアのヘコミをデントリペアで修理

日産 ノート のドアにできたヘコミの修理事例をご紹介します。

このノートは、NISMO仕様(ノート NISMO)なので外観もエンジンも特別です。サイドステップの赤いラインもかっこいいですね( ^_^)
ヘコミの場所は助手席のドアです。黄色いテープとテープの間にヘコミがあります。このようにデントリペア専用のライトで照明してヘコミの状態を確認しやすくして作業します。でも、この写真ではヘコミがわかりにくいですね。

dented NISSAN_NOTE

日産ノートのドアにできたヘコミの修理

もっと、ヘコミの形状がわかりやすい角度からの写真です。ヘコミができた原因は、形状から判断すると「ドアパンチ」と思われます。ドアパンチは、デントリペアで早く、安く、綺麗になおすことができます。ちなみに、こちらのヘコミは、ちょっと大きめなので各種割引適用後の価格18000円(税込)です。

dented door of NISSAN NOTE

ドアのヘコミを近くで撮影(ライトで照らしてヘコミをわかりやすくしています)

プレスライン付近も凹んでいます。近づいて撮影した写真でおわかりいただけると思います。

dented door closeup

ノートのドアのヘコミの形状

ヘコミの修理は、窓を開けてガラスとドアパネルの隙間からデントリペアの専用ツールを差し込むパターンで行いました。ツールで裏側から少しづつ押して元の形に戻し、プレスライン付近も綺麗になおしました。

removed the dent from NISSAN Note

日産ノートのドアのヘコミの修理後

小さなヘコミなら短時間で安く、しかも綺麗になおります。そして板金塗装と異なる施工方法なのでパテ、塗料を使用しないため経年変化の懸念がありません。

小さなヘコミこそ、デントリペアが有効な手段といえます。でも、デントリペアは万能ではありません。板金塗装のいいところと、デントリペアのいいところ、両方わかっていますので、奈良、京都、大阪で車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。お客様にベストな方法をご提案させていただきます。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理します。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」可能。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能です。
☆店舗での修理時、代車は無料
☆各種割引実施中です。


社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

スバル レヴォーグ ドアの小さなヘコミをデントリペア

スバル レヴォーグのドアにできた小さなヘコミの修理事例をご紹介します。

レヴォーグは、スバルのステーションワゴンです。カッコいいです。エンジンはスバルの技術の結晶、水平対向エンジン。水平対向エンジンはフロントの重心を低くくでき、走行安定性とコーナリング性能がよくなるといわれていますよね。スポーティなステーションワゴン、私も欲しいです。自宅のガレージのサイズの問題で無理ですけど・・・・

SUBARU LEVORGスバル レヴォーグのヘコミを修理します

今回のヘコミの場所は、運転席側のリアドアです。
ヘコミがわかりやすいように、蛍光灯(デントリペア用です)にて照らしています。真ん中あたりに、小さなヘコミができています。

dented door of SUBARU LEVORG

レヴォーグのドアのヘコミ

少し角度を変えてわかりやすくしました。デントリペアのご依頼で、比較的多いサイズです。

dented door SUBARU LEVORG 2

レヴォーグのドアのヘコミ(角度を変えて)

実は、この辺りのパネルの裏には、車両横側からの衝撃を受けた時、乗員を守るためのサイドドアビームがあります。インパクト・ビームとも言いますし、単にビームとも言います。乗員を守るための大切な構造物です。
アクセスを確認したところ、ヘコミの位置がビームに近かったので、綺麗になおすためにもドアの内張(内装パネル)を外して、作業しました。ビームは大切な構造物ですがヘコミ修理の時には、厄介なものになることも、ツールの先端に力を伝えるための支点として修理の役に立つこともあります。
今回はデントリペア専用ツールの支点としてうまく活用しながらヘコミを少しづつ元の形に戻しました。

repaired door of SUBARU

レヴォーグのドアのヘコミ修理後

repaired door of SUBARU LEVORG

スバル レヴォーグ ドアのヘコミ 修理後(別角度からLEDライトで照明)

黄色いテープとテープの真ん中あたりにヘコミがありましたが、なおっていることがおわかりいただけると思います。小さなヘコミには、デントリペアは特に有効な手段となります。早く、安く、綺麗になおすことができます。

また、デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。お車のオリジナルの塗装のままですから、経年変化でパテがやせたり、変色したりする心配はありません。
傷のないヘコミは板金塗装をご検討される前に、是非、デントリペアによる修理をご検討ください。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

ジムニー 小さなドアのヘコミをデントリペア

スズキ ジムニーのドアにできた小さなへこみの修理事例をご紹介します。

小さなへこみを直したいとき、早く安く綺麗に仕上がり経年変化のないデントリペアはとても有効な手段となります。

ヘコミの場所は助手席ドアの下のほう、黄色いテープを目印で2枚貼ってありますがその中間付近です。

SUZUKI Jimny leftside-door

スズキ ジムニーの助手席ドアのヘコミを修理

ライトで照らしてヘコミの状態をわかりやすくしてあります。大きさは3cmくらいでしょうか、でも浅いヘコミです。

dented door of SUZUKI Jimny

ジムニーの助手席ドアの小さなヘコミ 修理前

dented door of SUZUKI 2

ジムニーのドアにできたヘコミ(拡大)

修理後の写真です。小さなあまり目立たないヘコミを修理したいと考えるオーナー様は、仕上がりのクォリティについても厳しいといえます。小さなヘコミは難しくないように思われるかもしれませんが、どこからどんなデントリペアの専用工具を差し込んで修理するかは、きれいな仕上がりになるかどうかを分けます。小さなヘコミにもノウハウと技術力は必要です。

repaired door of SUZUKI

ジムニーのドアにできたヘコミの修理後

repaired door of SUZUKI, zoom up

ジムニーのドアにできたヘコミ修理後(拡大)

小さなヘコミなら短時間で安く、しかも綺麗になおります。そして板金塗装と異なる施工方法なのでパテ、塗料を使用しないため経年変化の懸念がありません。

小さなヘコミこそデントリペアが有効な手段といえます。

もちろん、大きなヘコミの場合でもデントリペアにはメリットがあります。大きなヘコミの修理事例はこちらをご覧ください。http://dent-yokoi.com/tag/ビッグデント/


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

スバル レヴォーグのドア プレスラインのヘコミを修理

出張修理のケースをご紹介します。

車は、スバル レヴォーグです。レヴォーグは事例でもたびたびご紹介している人気車種ですね。

ヘコミの場所は運転席側ドアのプレスラインの上です。凹みの中心には小さなキズがありますが、気にならないのでデントリペアで修理したいとのご要望でした。
プレスラインとは、ボディパネル(ドア、ボンネットなどの外観)の形状を作る際、鋼板(鉄板、アルミなど)に圧力をかけて形状を作りますが、デザイン上、なだらかな変化でなく、折り曲げたような急な変化をつけた部分がプレスラインです。

ちなみに今回のヘコミ修理はディーラー様での見積では2.5万円だったそうです。当店の価格は・・・お客様に事例としてWebにて紹介することのご了解もいただきましたので,割引価格適用で税込12,000円です。

dented door press line of SUBARU

SUBARU LEVORGのドアのヘコミ 修理前

repaired door press line of SUBARU

SUBARU LEVORGドアのヘコミ 修理後

今回の修理方法は、窓を開けてガラスとドアパネルの間にデントリペアの専用ツールを差し込んで直す方法です。ツールを使ってヘコミを裏側から少しづつ押し戻して元の形に戻します。そして作業完了。

できるだけ施工前と同じライティングにして撮影するようにしていますが、ドアパネルにドアミラーや周辺の景色(施工した付近に電線とか)が映りこんでしまいました(いつも写真がへたですみません)。黄色いテープを貼ってある間のプレスラインの部分(小さな傷は残っています)にヘコミがありましたが、なおっているのがおわかりいただけると思います。

今回の修理結果もお客様に大変喜んでいただくことができました。
デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。お車のオリジナルの塗装のままですから、経年劣化でパテがやせたり、変色したりする心配はありません。
小さなへこみも大きなへこみも、傷のないヘコミは板金塗装をご検討される前に、是非、デントリペアによる修理をご検討ください。

デントリペア・ヨコイを選んでいただき誠にありがとうございました。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

トヨタ アリオンのドアのプレスライン上のヘコミを即日修理

ドアのプレスライン上のヘコミ修理の事例をご紹介します

お車は、トヨタの4ドアセダン アリオンです。アリオンは昔でいうとカリーナの位置づけにあたる車でしょうか・・・。セダンにお乗りになる方は、セダンへのこだわりの強い方が多いようです。スタイル、安全性(キャビンの前後に頑丈な構造物と余裕がある)、室内の静粛性、トランクが室内と分離、運転時の姿勢(膝を折り曲げない運転姿勢)などなど。

今回のヘコミは助手席側フロントドアのプレスライン上にできたヘコミです。このヘコミもやはり、駐車場で隣の車のドアがあたってできたものかもしれません。プレスラインにできたヘコミは深くなるので小さくても目立ちます。

dented door of TOYOTA ALLION

トヨタ アリオンのドアのヘコミ(修理前)

このヘコミは、窓を開けてガラスとドアパネルの隙間からデントリペアの専用ツールを差し込んでなおせるヘコミです。比較的短時間でなおせます。ライトでヘコミを照らし表面をよく観察しながら、ツールで裏側を押して少しづつ元の形に戻していきます。言葉にすると簡単ですがノウハウは、いろいろあります。

修復完了後の写真です。いつもは、目印程度に黄色いテープを張っているだけですが、ほかのデント屋さんを真似てテープで囲ってから作業しました。

repaired door of TOYOTA ALLION

トヨタ アリオンのヘコミ 修理後

ライトで照らしている状態が、デント屋にとっては一番、綺麗になおっていることがわかりやすいのですが、他店でラインボードを使っているところがありましたので真似てみました。

repaired door with line board

トヨタ アリオンのヘコミ 修理後 ラインボードをボディに映してみました

いろいろと写真が下手ですみません。ラインボードでは、ここにヘコミがあったとことはわかりません。

デントリペアによる修理は、板金塗装とは異なり、パテも塗料も使用しません。お車のオリジナルの塗装のままですから、経年劣化でパテがやせたり、変色したりする心配はありません。
傷のないヘコミは板金塗装をご検討される前に、是非、デントリペアによる修理をご検討ください。

今回もデントリペア・ヨコイを選んでいただき誠にありがとうございました。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/

スバルレガシィ リアドアの小さなヘコミの修理

SUBARU レガシィのリアドアにできた小さなヘコミの修理事例のご紹介です。

スバルのレガシィは、スバルが誇る水平対向エンジンを搭載している車ですね。セダンとステーションワゴンがありますがこのお車はステーションワゴンです。

今回のヘコミはリアドアにある小さなヘコミです。小さなヘコミに対して、デントリペアはとても有効な修理手段です。いつのまにかできていた小さなヘコミ、中古車を買ってから見つけたヘコミなどの修理はたくさんご依頼いただいております。今回の大きさのヘコミなら料金は10,000円前後です。

ヘコミの場所は、2枚の黄色いテープを張ったちょうど中間付近です。

dented door of SUBARU

SUBARUレガシー助手席側ドアの後端

ヘコミにライトをあててヘコミの形や深さをわかりやすくしています。

small dent on the SUBARU's door

ドアにできた小さなヘコミ

どこからツール(専用工具)をいれるのか、どんなツールを選ぶのかもノウハウです。この辺のヘコミを修理する際はドアノブの裏側の構造物がじゃまになったりすることもあります。ヘコミの位置が1cm ほど違うだけで修理の難易度があがったり、場合によってはどうしてもツールが届かないため修理できないこともあります。
(ツールが届かない場合は、プーリング(引っ張り)という方法をご提案させていただくことがあります)

今回のケースでは標準的なツールと方法が使えました。裏側からデントリペアの専用ツールで丁寧に少しづつ押し出していき元の形状に復元しました。いかがでしょうか綺麗になおりました。

repaired SUBARU's door

ヘコミの修理完了後

小さなヘコミなら短時間で安く、しかも綺麗になおります。そして板金塗装と比較してメリットは他にもあります。パテ、塗料を使用しないので経年変化がありません。
しかしながらデントリペアは万能ではありませんので、板金塗装をお勧めさせていただく場合もあります。当店は板金塗装も取り扱っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。


ヘコミ修理は、いつも全力で対応させていただいております。奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」に是非ご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

トヨタ ヴィッツNSP130の左リアドアの縦長のヘコミ

今回ご紹介するのは縦長のヘコミ・・・ドアパンチ(他の車のドアがあたること)によってできたと思われるヘコミの修理事例です。

車は、トヨタ ヴィッツ(NSP130)です。

ヴィッツは、トヨタのコンパクトカーですね。いまは、ハイブリッドのアクア(AQUA)のほうが人気がありますが、ヴィッツの人気は根強いものがあります。私の周りにもヴィッツオーナーは多いです。このNSP130は2010年5月に登場した形式のモデルですが2014年4月にマイナーチェンジして顔つきが少し変わりました。また、時間がたちましたので、もうすぐフルモデルチェンジでしょうか・・・・

今回は、このヴィッツの左側(助手席側)のリアドアにできた縦筋のヘコミ(英語ではcrease=折れ目、しわと呼びます)をデントリペアの技術を使って修理します。

ヘコミの状態をよく確認したのち、ドアの内張(内装側)を取り外して突起になっている原因を確認します。
ビーム(ドアパネルの裏にある鉄の骨です)の端のほうの形状(突起の真裏)が角のある形になっており、ドアに衝撃が伝わった際に、その角がドアパネルの裏側にあたって凸状態になってしまったようです。鋭い形の飛び出しになっている理由が確認できました。まずは、この飛び出した部分とその周辺から修復していきます。

VITZ dented door with sharp high spot

トヨタ ヴィッツのドアにできた縦筋のヘコミ

飛び出した部分の修復に一番時間がかかりました。また、縦筋の方は上下2本のビームが邪魔だったため、デントリペアの専用工具も数種類使わないと修理できませんでした。時間はかかりましたが、なんとか修理を終えました。上の写真では縦筋のヘコミの中央に傷がありますが、磨けばほとんど見えなくなりました

VITZ repaired door

トヨタヴィッツのドアの縦筋のヘコミ修理後

ヘコミがわからなくなったとお客様にお喜びいただくことができました。

デントリペアは、板金塗装で修復する場合に比べ価格でもメリットがありますが、デントリペアは塗料もパテも塗らないので経年劣化の心配がありません。時間がかかる作業の場合には、作業終了までの間、代車を無料でお貸出ししております。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りの場合は、是非「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/

トヨタSAI左リアドアのヘコミ修理

今回は、トヨタSAIのドアにできたヘコミの修復事例をご紹介します。

トヨタSAIは、真木よう子さんがCMに出演されているセダンです。CMをご覧になりたい方はこちら
SAIのCM   https://www.youtube.com/watch?v=TbtgUYio_VU
夜、後ろから見たテールランプの光のデザインがとてもきれいでセクシーです。
また、SAIは、ハイブリッドモデルなのでエンジンとモーターでかなりパワフルな走りができるそうです。

写真は、デントリペアをご依頼いただいたSAIの左後ろのドアの後端下方に三日月形といえばよいのか半月型といえばよいのか特徴的な形のヘコミです。

Toyota SAI dented door

トヨタSAIの左リアドアの凹み

さらに、そのヘコミの右下方は、ヘコミができた際の強い衝撃が伝わったようで逆に膨らんでいます。
ライトの明かりの線が3本あるのが、わかると思いますが、一番下の幅が細くなっている付近が盛り上がっている部分(凸)です。

TOYOTA SAI dented door

トヨタSAI 左後ろドア 凸になっています

これだけ凸になって盛り上がるということは、結構な力でへこまされたのだと思います。ちょっと物があたった・・・とかのレベルではありません。

さて、このヘコミをデントリペアの技術で修復していきますが・・・凸になっている部分は、ポンチと木槌で「トントン」と根気よくたたいて、少しづつ戻していきます。

並行して(実際は交互に)三日月形のヘコミの部分はデントリペアのツールで裏側から押して少しづつ形状を戻していきます。

凸部分は「ガンガン」叩くわけではありません。たぶん、皆様が思っておられる以上に、技術と根気、集中力が必要です。

TOYOTA SAI repaired door

ヘコミ修理後

ヘコミ修理後の写真です。修理にはそれなりの時間を要しました。
もう三日月形のヘコミはありません(ライトの幅が太くなっている部分はドア後端に向けて盛り上がっているデザインなので、そのようにライトの太さが変化しています)。
また、薄い傷がありましたが専用の道具とコンパウンドで磨いて傷も消しています。

今回の修理結果もお客様に大変お喜びいただくことができました。
デントリペア ・ヨコイを選んでいただき誠にありがとうございました。


奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

ワゴンRのリアドア プレスラインのヘコミ修理

ワゴンRのリアドアのプレスラインのヘコミの修理です。他にもヘコミはありましたが、「大きなものだけ、できるだけ安く直して」とのご依頼でした。
この大きさでしたら出張修理の場合、15,000円前後で承ります。木津川市の店舗までお越しいただければ、さらに割引(10% off)させていただきます。また、自動車業界のお客様向けに業販価格も設定しております。

さて、このヘコミですが、写真の通り緩やかなプレスラインの部分がへこんでいます。

プレスラインには、物があたることが多く、普段からご依頼の多い場所です。
今回は、ドアの窓から近いプレスラインにできたヘコミですが、車によっては、窓に近い場所には裏側に鉄板があって、内張り(内装)を外さないとヘコミの上半分の修理作業ができないこともあります。

wagonR dented rear door

ワゴンRリアドアのヘコミ 修理前

Suzuki wagonR dented door2

ワゴンR リアドア修理前 別の角度からライトをあてて撮影

今回の場所、ワゴンRの場合、窓を開けてガラスとドアパネルの隙間からデントリペアの専用工具を差し込んで作業できます。きちんとプレスラインのかたちを修復し作業完了しました。

SUZUKI wagonR repaired door

ワゴンRのリアドア 修理後

板金塗装の半額以下で修理できるので、軽ワゴンのヘコミ修理の依頼はたくさんいただきます。ワゴンRはもちろん、タント、ムーブ、ekワゴン、デイズなど、どんな車種でもご相談ください。

デントリペア・ヨコイへのお申し付け、本当にありがとうございました。


ヘコミ修理は、いつも全力で対応させていただいております。奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」に是非ご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/


 

スズキ スペーシア 右前ドアのデントリペア

スズキ スペーシア 右前ドアのデントリペアです。

駐車場でとなりのクルマのドアが当たったのではないかとのことでした。
横長型のヘコミですので、下の写真のようにライトを照射して確認しながら作業をすすめます。

SUZUKI SPACIA

スズキスペーシア

次の写真のように、ライトを照射しているエリアの中に暗くなっている部分がありますが、そこがヘコミです。少し横長のヘコミで、ドアかなにかが強く擦るように当たってできたものだと思われます。

Small dent on the door

スペーシアのドアのヘコミ

作業後の状態です。目印のテープが4枚張ってあります。その中心にヘコミがありましたが、綺麗になおっています。もちろん、ライトの向きや距離を変えて、ヘコミが綺麗になおっていることを確認済みです。

After the dent repair

スペーシアのドアのヘコミ作業後

写真にも写っていますが、作業前から、ドアには、なにか液体が垂れたような跡がついていました。雨のあとでしょうか・・・・。

この写真撮影後、目印のテープを外し、周辺の汚れはポリッシャーで綺麗に磨かせていただきました。

今回もお客様には大変喜んでいただくことができました。当店をお選びいただき、誠にありがとうございました。

奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/

エルグランドのフロントドアのヘコミ修理

こちらのエルグランドのお客様はリピーターの方です。

お車の写真は前回撮影したものです。

IMG_20151121_184523

今回は、運転席側ドアのノブから下方25cmくらいのところにできた小さなヘコミです。

crease dent on the door

エルグランドのドアのヘコミ

小さいのですが、裏にビーム(ドア内部にある補強用の骨)があり、ドアの端に近い場所なのでツールアクセスが難しい凹みでした。そして、ビームとドアを接合している緩衝材(クッション)がヘコミのすぐそばにあり、窓の隙間からのツールアクセスで無理に作業すると表側に何らかの影響がでることもありえるため、ドアの内張りを外して作業しました。当店は、近道よりも、確実に綺麗になおせる方法を選びます。

ELGRAND front door

ドアの内張りを外したところ

ドアの内張りを外したところ、ウィンドウレギュレータ(窓の開閉用モーター)が一体になっているパネルであるため、脱着に時間がかかるため、パネルの隙間からツール(ナイフのようなもの)を差し込み、作業の邪魔になる緩衝材を除去しました。

続いて、窓をあけて、その隙間からツールを差し込んで作業しました。実は、ツールはいろいろ試しましたが、どのツールもアクセスはベストとは言えませんでした。
アクセスは、少々大変でしたが写真の通り、綺麗になおりました。

The dent has gone

エルグランド ドアのヘコミ修復完了後

お客様は、ツール選択でいろいろ試していた様子を含め、ずっと作業を見ておられましたが、急にヘコミが直ったように見えたと思います。このツールでいく・・・と決めてから、ヘコミが、直るまで5分以内。ライティングを変えて、きちんと直っているのを確認し、外したネジや内張りを組み付けて作業終了です。

お客様には、お待ちいただく時間も含め、ご面倒をおかけしてしまいましたが、ヘコミ修理の結果にはご満足いただけたと思います。このたびもデントリペア・ヨコイをご利用いただき、大変ありがとうございました。

奈良、京都、大阪でお車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/

 

凹み修理 レクサスIS300hリアドアへの強烈なドアパンチ

レクサスなどの高級車の「デントリペア」のご依頼は大変多いです。

先日の強風の日、買い物して駐車場に戻ったらドアに写真の通りの大きな縦筋のヘコミがあったそうです。写真では見えにくい部分も含めると長さ40cmのヘコミになっています。さらに、衝撃で飛び出して凸になっている部分もあります。

IMG_20160418_194142_1-600x1068

場所は左のリアドアです。このように照明をあてて表面やヘコミの状態をわかりやすくして作業をします。

IMG_20160418_194107-600x1068

少し時間はかかりましたが、綺麗になおりました。

IMG_20160420_192708_crop_467x467

少し傷もあったのですが、最後の仕上げで磨いて綺麗にキズを消しました。

「デントリペア」でなおらないケースもありますが、キズがないヘコミ、薄い傷のヘコミは、板金修理に出す前に「デントリペア」での修復をご検討ください。「デントリペア」なら変色やパテ痩せなどによる経年劣化の心配がありません。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理します。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」可能。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能です。
☆店舗での修理時、代車は無料
☆各種割引実施中です。

続きを読む