アウディは、「プレミアム」+「スポーティ」なブランドイメージですが、こちらのA3にも、アルミ製ボンネット、アルミ製フロントフェンダーなど、軽量化のためにアルミ合金が惜しみなく使われています。
今回、ご紹介するのはアウディA3のアルミ製ボンネットのヘコミ修理事例です。
ヘコミの原因は、不明です。お客様が洗車中に発見されたようでした。

アウディA3
AUDI A3
アウディA3ボンネット
ボンネットにヘコミがあります

ボンネットに向かって右側のプレスライン、前端にヘコミがあります。デントリペア用のライトを使ってヘコミを照明しています。

ヘコミに近づいて撮った写真です。凹みを専用ライトで照らすことでヘコミの形状や深さが分かりやすくなっていると思います。
プレスラインを挟んで右側も左側も凹んでいます。わかりにくいですがプレスラインも凹んでいます。

ヘコミ修理前
ヘコミ修理前
ヘコミの状態(確認用動画)

今回の修理方法は裏側から専用ツールで押してなおす「プッシュ」で修理しました。ボンネットの裏側にある小さな穴からハンドツールと呼ばれる専用ツールの先端を挿し込み、裏から押して少しづつ元の形状に戻しました。アルミ合金製のパネルの場合、鋼板のパネルに比べると硬いため少し時間がかかるので割増の料金を設定しています。

次の写真は修理後の状態です。ヘコミがなくなっていることがおわかりいただけると思います。

ヘコミ修理後
ヘコミ修理後

ヘコミ修理後の状態確認用動画です。

ヘコミ修理後(確認用動画)

今回のへこみ修理結果もお客様に大変喜んで頂くことができました。

デントリペアは、板金塗装と異なる「パテや塗料を使用しない修理方法」なので、新車のオリジナルの塗装をそのまま生かします。そのため、パテ痩せや、塗装部分の色の変化など経年変化等の心配はございません。
もし鈑金塗装で修理するとしたら・・・今回のような小さな凹みでも、ボンネットの場合は、1枚全体を塗ることが普通なので、費用も思いのほか高いものになります。また、将来買い換える際の査定への影響や、仕上がりが気になる方もおられると思います。
今回のお客様は、お車の価値が下がらず、かつ価格的にも鈑金塗装を下回る「ペイントレス・デントリペア」をお選びくださいました。大変ありがとうございました。

傷のない小さなヘコミなら・・・、ペイントレス・デントリペアの場合、「その日のうちに作業が完了」(通常30分~2時間で完了)しますし、「鈑金塗装の金額を大幅に下回る金額」「経年劣化の心配がない」ことから大変お奨めです。 また、直せなかった場合は、代金はいただきません。
傷がない凹みの修理なら、小さなへこみはもちろん、大きなヘコミもご相談ください。ペイントレス・デントリペアでの修理をご検討いただき、デントリペアがだめなら「鈑金塗装」あるいは、「程度の良い中古部品への交換」という順番でご検討されるのがおすすめです。
☆特殊技術ペイントレス・デントリペアでお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料


社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147
URL:https://dent-yokoi.com/