日産 ノート の屋根にできたヘコミの修理事例をご紹介します。

今回のノートは、NISMO仕様(ノート NISMO)なので外観もエンジンも特別です。見ているだけで、オーナー様のこだわりや、お車を大切にされていることが伝わってきます。
ヘコミの場所は屋根(ルーフ)です。デントリペアの場合、多くの場合は裏側から押してなおす方法’プッシュ’を使用しますが、今回は表面から引っ張る方法’プーリング’を使用します。プーリングなら室内の天井を取り外す手間が不要になり、費用も時間も節約できます。

ノートNISMO 屋根のヘコミ

上の写真の黄色いテープとテープの間にヘコミがあります。このようにデントリペア専用のライトで照明してヘコミの状態を確認しやすくして作業します。
そして、水色の小さな部品は、タブと呼ばれるもので、これに専用の接着剤をつけて、ヘコミに貼り付けて引っ張ります。

タブを接着して専用のリフターで引っ張ります

上の写真は、タブに専用の接着剤(ホットメルトグルー)をつけて、ヘコミに取り付けてから、”リフター”と呼ばれるツールで引っ張っているところです。

さて、これでタブを引っ張るとヘコミが出てくるのですが、出過ぎた部分はポンチとハンマー(木槌)を使って叩いて高さを調整し、まだ、出ていない部分は、さらに直径が小さいタブを接着して引っ張ります。これを繰り返して、完全に元の形状に戻していきます

修理後

上の写真は、修理後のものです。ヘコミがなくなっていることがお分かりいただけると思います。

上記で使ったツールに似たものは、ネット通販でも手に入りますが、ご自分でやることはお勧めできません。プロは使っているツールも接着剤も吟味して専用のものを使用していますし、何より、出過ぎた部分をたたいたり、出ていない部分に再度タブを取り付けて引っ張ったりを繰り返して完全な形に戻すための技術があります。知識・経験のない方がやると凹凸のある状態になったり、塗装が剥げてしまったりということが起きますので、「道具を買って自分で試すよりも初めから当店に任せていただきたい」と思います。

小さなヘコミなら短時間で安く、しかも綺麗になおります。そして板金塗装と異なる施工方法なのでパテ、塗料を使用しないため経年変化の懸念がなく、色が合わないという心配もありません。

小さなヘコミこそ、デントリペアが有効な手段といえます。当店は知識と技術を駆使して最適な方法でお客様のヘコミを修理いたします。
奈良、京都、大阪で車のヘコミでお困りでしたら「デントリペア・ヨコイ」にご相談ください。お客様にベストな方法をご提案させていただきます。

☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理します。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」可能。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能です。
☆店舗での修理時、代車は無料

社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147、050-3592-0147
URL:http://dent-yokoi.com/