傷のないヘコミを裏側から押して綺麗になおすのが「ペイントレス・デントリペア」の基本技術です。でも、裏から押せない場所や非常に困難な場所もあります。
今回ご紹介するのは、リアドアの後端でかつ、ビーム(ドアの補強パーツ)があるので裏から押してなおすことが難しい位置にあるヘコミの修理事例です。お客様は他店で、“ドア側面に穴をあけて修理する方法”を提案されたのですが穴を開けずになおしたかったため、当店にお越しになりました。※

修理方法は、「プーリング(引っ張り)」を使用しました。“プーリングでは、完全にわからないようにするのは難しい”という同業者もおられますが、ツールときちんとした技術があれば、綺麗になおせるヘコミも多くなります。

お車はホンダのシビックタイプRです。

シビックタイプR
シビック タイプR

ヘコミの場所は、右側(運転席側)のリアドアの後端です。
ヘコミの形は横筋状。ヘコミの形がわかりやすいようにデントリペアの専用ライトで照明しています。ヘコミの左側に光が段差になっている部分があります。小後端から約1.5cmの範囲は、裏に鉄板があるため写真をよくみると縦筋状の凸ができています。

リアドア後端のヘコミ
リアドア後端のヘコミ

ヘコミの状態は、写真ではわかりにくいので動画でご確認ください。ヘコミの状態がわかりやすいと思います。

修理前の状態確認用動画

特に縦筋状の凸部分付近を綺麗になおすには、裏から押す方法よりもプーリングを使った方が良いと判断し、オーナー様のご了解をいただいてから作業しました。
次の写真は作業後のものです。

リアドア後端のヘコミ修理後
ヘコミ修理後

修理前と修理後の比較用動画です。上がヘコミ修理前。下がヘコミ修理後です。

上:ヘコミ修理前、下:ヘコミ修理後

当店は、プーリング技術を使った修理でも大変精緻な仕上げを目指して作業しています。今回の修理結果について、「ドアのエッジ付近(凸になっていた部分)については自然に見えるようにしましたが、完全にもとの形になったとは言えない」と正直にお伝えしたところ、お客様からは、「完璧です」ととても嬉しいお言葉をいただきました。当店のペイントレス・デントリペアによる修理技術がお役に立てて本当に良かったです。


☆最新のデントリペア技術でお車の凹み(ヘコミ)を板金塗装の半額以下で早く、綺麗に修理。
☆大阪、奈良、京都で「出張修理」します。エリア内は「出張見積無料」。
☆お客様のご指定場所はもちろん「木津川市の当社店舗での修理」も可能。
☆代車無料、各種割引実施中。


社名:デントリペア・ヨコイ
店舗:〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛東下16-7
※不在の場合がありますのでご来店の場合は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:080-4559-0147
URL:https://dent-yokoi.com/